CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

by BITTIMES

CryptoAltumの特徴

このたび仮想通貨FXプラットフォームの「CryptoAltum」が新しいウェブサイトを立ち上げた。「取引手数料不要」「入金は仮想通貨のみ」というプロ仕様で『バリュープロポジション(*1)』の概念を導入している。CryptoAltumが提供するバリュープロポジションは、業界最高の500倍のレバレッジだ。適用通貨ペア数は60以上。競合のPlus 500とeToroのレバレッジは30倍で、二番手のTradeDirectでも200倍どまり。レバレッジというデイトレーダーにとって最も本質的な部分で、CryptoAltumは圧倒的にユニークなポジションを築いている。
(*1)バリュープロポジション:顧客が望んでいて、競合他社には提供できず、自社なら提供できる価値のこと

CryptoAltumのウェブサイトによると、「FXはデリバティブの一種であり、取引は差金決済のみが行われ、現物資産の移動は行われない」とある。この差金決済の採用により、仮想通貨トレーダーたちは、仮想通貨の価格とボラティリティに対する投機から、より多くの利益を得ることができるようになった。

CryptoAltumは「Plus 500」や「TradeDirect」などの競合他社とは異なり、オーストラリアには現実の拠点を持たない。よって、ASICの規制を受けることはない。このことは両刃の剣といえる。CryptoAltumは本人確認を必要としないため、誰もが個人情報を入力することなく口座を開ける。本人確認待ちの他のプラットフォームのユーザーに門戸を開くことにもなるだろう。他のプラットフォームのように、個人情報を提出するまで利用できる機能が限定されることはないからだ。

ほとんどの仮想通貨プラットフォームは、入金と引出しの際の手数料から利益を得ている。CryptoAltumは、入金と引出しの際の手数料は一切徴収しない。保有するポジションのファンディングコストがかかるだけだ。しかも、スプレッドも業界最小水準を維持している。

CryptoAltumがユニークなポジションを実現しているもう一つの理由として、異なる取引所からの複数の価格オファーに同時アクセスでき、豊富な流動性プールを持っていることが挙げられる。さらに、サポート面でも、CryptoAltumには24時間365日対応のオンラインサポートデスクがある。Webサイト、Whatsapp、Telegram、およびMessengerのライブチャット機能とEメールを利用したインスタントサポートが提供されている。

しかし、CryptoAltumが最も優先しているのは、顧客の資金セキュリティである。CryptoAltumでは、顧客の資金を安全に保管するため、マルチシグ・コールドストレージを採用し、マルチシグパーミッションとタイムディレイアクセスを必要とする厳密な手順をとっている。オフライン記憶領域においても、ウイルス対策、マルウェア対策、およびキーログ対策の3種類のセキュリティ対策を講じている。プライベートキーは安全にバックアップされ、すべてのウォレットについて毎日バックアップがなされている。

CryptoAltumの口座開設プロセス

CryptoAltumの口座開設に必要なのは、「氏名」「居住国」「パスワード」の3つのみ。本人確認のための法的文書は必要ない。ユーザーがポータルにログインすると、基準通貨とデフォルトのレバレッジが選択できる。ログイン後、「デモアカウント」または「ライブアカウント」を選択し、BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、USDTのいずれかの仮想通貨により入金することができる。入金手数料は無料。入金の最小額は、True USDを除いて、すべてのコインについて0.0001単位。True USDについては、1単位以上となっている。

CryptoAltumは現在、0.1 BTC、4,000 XRP、4 ETH、2.5 BCH、15 LTC、800 TUSD以上の初回入金につき、100%の入金ボーナスを提供している(※限度あり)。CryptoAltumはさらに、2回目の入金ボーナスとして、最大 0.3 BTC、10,000 XRP、11 ETH、7.5 BCH、42 LTC、2,500 USDTを限度として、50%のボーナスを提供している。これらのボーナスは、入金と同時にユーザーのMT5口座に加算される。

ユーザーは口座さえ開けば、手数料なしでプラットフォームを利用できる。プラットフォームは24時間365日取引が可能で、取引はストレートスループロセッシング(STP) によって実行される。ドル円のような法定通貨のFX、貴金属、株価指数の取引も可能だ。

CryptoAltumは、プラットフォームには、MT 5を仮想通貨取引のためにカスタマイズしたものを採用している。MT 5は、迅速な注文執行、深いレベルII マーケット、複雑な注文予約設定、数多くのインディケータ、MQL 5による高度なEA制作を特徴としており、プロ志向のデイトレーダーにとっては最適の選択といえるだろう。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

【Chiliz&Socios】4スポーツクラブの公式ファントークン「4月27日」から順次販売開始

【Chiliz&Socios】4スポーツクラブの公式ファントークン「4月27日」から順次販売開始

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す