ハワイ:暗号資産関連企業「12社」の運営を許可|規制サンドボックス制度を適用

by BITTIMES

ハワイでデジタル通貨関連のイノベーションを促進するための規制サンドボックス制度「Digital Currency Innovation Lab(DCIL)」が導入されたことによって、「bitFlyer USA、Gemini、ErisX、BlockFi、Coinme、Flexa、Novi」などといった仮想通貨(暗号資産)関連企業12社がハワイで一定期間サービスを展開できるようになったことが明らかになりました。

こちらから読む:東京地裁、暗号資産に没収保全命令「暗号資産」関連ニュース

bitFlyer・Coinme・Noviなど「12社」を承認

ハワイは米国の中でも特に仮想通貨規制が厳しい州として知られていましたが、2020年3月にデジタル通貨関連のイノベーションを促進するための規制サンドボックス制度である「Digital Currency Innovation Lab(DCIL)」が発表されたことによって仮想通貨関連企業のハワイ進出が進み始めています。

「Digital Currency Innovation Lab(DCIL)」は2020年3月17日〜5月1日までの期間にかけてデジタル通貨関連企業のアプリケーション受け入れを実施していましたが、今回の発表では『応募があった合計19社の中から、プログラムの条件を満たした12社がDCILの参加企業として選ばれた』と報告されています。

承認を受けた12社の中には、暗号資産取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」の米国版である「bitFlyer USA」や、現金でビットコインを購入できるキオスクを展開している「Coinme(コインンミー)」、仮想通貨決済サービスを提供する「Flexa(フレクサ)」、Libra(リブラ)のウォレットを提供する「Novi(ノヴィ)」などといった、仮想通貨業界で有名な企業が数多く含まれています。

DCILへの参加を承認された企業は以下の12社となっています。

  • Apex Crypto
  • bitFlyer USA
  • BlockFi
  • CEX.IO
  • Cloud Nalu
  • Coinme
  • ErisX
  • Flexa
  • Gemini Exchange, LLC
  • Novi Financial, Inc.
  • River Financial
  • Robinhood Crypto

これらの企業は、デジタル通貨関連サービスを提供するために必要となるライセンスを2年間だけ受けることができるため、2020年8月19日〜2022年12月31日までハワイで仮想通貨関連のサービスを運営することができるようになるとされています。

承認を受けた企業が提供しているサービスは「仮想通貨取引所仮想通貨決済仮想通貨ウォレット・仮想通貨対応キオスク」など様々であり、企業の中にはLibraのウォレットである「Novi」も含まれているため、今後2年間でハワイの仮想通貨市場がより活発になると期待されています。

>>「DCILに参加する企業のリスト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フランス小売大手:ブロックチェーン食品トレーサビリティーシステムをグローバル展開

フランス小売大手:ブロックチェーン食品トレーサビリティーシステムをグローバル展開

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITTREX:CARDANO(ADA)とZcash(ZEC)の米ドル取引を追加へ

BITTREX:CARDANO(ADA)とZcash(ZEC)の米ドル取引を追加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す