Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

by BITTIMES   

暗号資産ウォレット・仮想通貨デビットカード・暗号資産取引所などといった仮想通貨関連の様々なサービスを提供していることで知られる「Crypto.com」は2020年9月1日に、Nobuyuki Nagahama(ナガハマ ノブユキ)氏を"日本のゼネラルマネージャー"に任命したことを発表しました。

こちらから読む:ブラジル、CBDC発行準備"2022年"には完了か「暗号資産」関連ニュース

決済関連で20年以上の経験有するナガハマ氏を起用

Crypto.com(クリプトドットコム)は「Crypto.comアプリ、Crypto.comカード、Crypto.com Exchange」などといった暗号資産関連の様々なサービスを展開している企業であり、現在は300万人を超える顧客にサービスを提供しています。香港に本社を構える「Crypto.com」は2016年の設立以降、順調にサービスを拡大してきていますが、今回の発表では同社がNobuyuki Nagahama(ナガハマ ノブユキ)氏を日本のゼネラルマネージャーに任命したことが報告されています。

Nobuyuki Nagahama(ナガハマ ノブユキ)氏は、決済・コンサルティング・テクノロジーなどの分野で20年以上の豊富な経験を有している人物であり、世界4大会計事務所の1社として知られる「PwC」で様々なプロジェクトやソリューション開発を率いてきただけでなく、「Visa International Asia-Pacific LLC」のグローバルネットワーク処理部門の責任者として14年間勤務し「決済処理ビジネス、デビット・プリペイド製品の開発、Visa決済ネットワークの付加価値サービス」などとといった日本市場における戦略的イニシアチブを主導したと説明されています。

決済における戦略的ビジネス分野で20年以上の経験を有しているナガハマ氏は、グローバルなサービス展開を目指している「Crypto.com」が重要視している市場の一つである"日本市場"で全ての事業を主導する役割を担うことになるとのことです。

「Crypto.com」はここ最近で社員数を急速に増やしてきており、半年前まで250人ほどだった社員数は現在500人以上にまで倍増していますが、同社は今回の発表の中で『支払いの専門知識を有しているナガハマ氏は、日本市場のさらなる拡大や、"全てのウォレットに暗号資産を"という同社のミッション達成をサポートする』と説明しています。

ナガハマ ノブユキ氏は日本のゼネラルマネージャーに就任したことについて次のようにコメントしています。

「Crypto.com」にとって戦略的に重要な市場である日本でリーダーシップをとる機会を得たことを光栄に思います。ブロックチェーン・暗号資産・イノベーションへのCrypto.comの取り組みや、顧客と全ての利害関係社にインパクトのあるメリットを提供できることは信じられないほど刺激的です。

私は「全てのウォレットに暗号資産を」という当社のビジョンを達成するために行われてきた全ての取り組みに深い敬意を抱いており、素晴らしいチームと協力してそれらのビジョンをさらに推進できることを楽しみにしています。

「Crypto.com」の独自通貨である「Crypto.com Coin(CRO)」は記事執筆時点で時価総額ランキング9位にランクインしており、CRO価格も順調に回復してきているため、日本市場における同社の取り組みには今後も注目です。

>>「Crypto.com」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格:FOMC後に「23,000ドル」付近まで回復|トレンド転換なるか

ビットコイン価格:FOMC後に「23,000ドル」付近まで回復|トレンド転換なるか

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

オランダ捜査機関「Tornado Cash」関与の疑いで29歳の開発者を逮捕

オランダ捜査機関「Tornado Cash」関与の疑いで29歳の開発者を逮捕

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

暗号資産取引所FTX:人気掲示板サイト「Reddit」と提携

暗号資産取引所FTX:人気掲示板サイト「Reddit」と提携

【重要】Liquid by FTX「QASHをFTTに交換サービス」8月12日に終了

【重要】Liquid by FTX「QASHをFTTに交換サービス」8月12日に終了

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す