IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

by BITTIMES   

アイオーエスティー(IOST)は2020年9月4日に、ブロックチェーン技術を活用したVR(バーチャルリアリティ)コンテンツプラットフォームである「Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)」とのパートナーシップを発表しました。IOSTは「技術支援・ビジネス開発・マーケティング」の分野でDvision Networkチームと協力し、ユーザーが仮想現実世界をより簡単に体験できるようにするための取り組みをサポートすると説明しています。

こちらから読む:ブラジル、2023年頃にはCBDC発行か「暗号資産」関連ニュース

Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)とは

Dvision-Network

Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)は、ブロックチェーン技術を活用してVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)関連の高品質なコンテンツを提供するプラットフォーム・エコシステムであり、VR関連の様々なサービスを提供することによって同社のエコシステムに参加する「開発者・ユーザー・コンテンツプロバイダー・広告主」などといった全ての人々がVR業界の発展に貢献したり、VR世界を楽しんだりすることができる環境を構築しています。

同社のプラットフォームでは、仮想現実世界のアイテムを取引することができる「VR-Market」、個人やアクセスを許可された人々がコンテンツを設置することができる「VR-Space」、様々なVR-Spaceの集合体によって構成された自由に参加可能な仮想現実世界「VR-City」が提供されます。

Dvision Networkが提供する「VR-Market、VR-Space、VR-City」など空間では、ERC-20トークンである「ディビジョントークン(Dvision Token/DVI)」を用いてアイテム・コンテンツ・広告費などの取引が行われるため、ユーザー・開発者・コンテンツプロバイダー・広告主はプラットフォーム上での活動を通じてDVIトークンを稼ぐことができる仕組みとなっています。

Dvision Networkのプラットフォームを活用して提供されるサービスの例としては「ゲーム・イベント会場・テーマパーク・文化財・ランドマーク」などが挙げられています。

技術支援・ビジネス開発・マーケティングなどで協力

アイオーエスティー(IOST)は「Dvision Network」とのパートナーシップを通じて「技術支援・ビジネス開発・マーケティング」などの分野で協力し、ユーザーが仮想現実世界をより簡単に体験できるようにするために、様々な企業が開発者などのメンバーがサポートできる包括的な仮想現実エコシステムを作成していくと述べています。

具体的には、IOSTのアセットを「Dvision Network」のプラットフォームに統合するため、ユーザーは既存のトークンを使用してDvision Network内の支払いシステムにアクセスできるようになるとされています。既存のIOSTトークン保有者は「VR-Space、VR-City、VR-Market」などのプラットフォームに参加してIOST基盤のアセットを管理することができるとのことです。

「Dvision Network」は仮想現実世界で開催される「Deconomy&Consensus」などのブロックチェーンイベントでIOSTの広告を掲載することも予定しており、イベント内には「IOSTの専用ブース」なども設置されると説明されています。

アイオーエスティー(IOST)はこれまで日本国内では取り扱われていなかったものの、2020年9月8日からは暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」でIOSTの取り扱いが開始される予定となっているため今後のIOSTの活動にも注目です。

>>「IOST」の公式発表はこちら
>>「Dvision Network」の公式発表はこちら
>>「Dvision Network」の公式サイトはこちら

2020年9月6日|アイオーエスティー(IOST)の価格

アイオーエスティー(IOST)の価格は、先月18日に0.78円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月6日時点では「1IOST=0.51円」で取引されています。

2020年3月11日〜2020年9月6日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)2020年3月11日〜2020年9月6日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す