IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

by BITTIMES   

アイオーエスティー(IOST)は2020年9月4日に、ブロックチェーン技術を活用したVR(バーチャルリアリティ)コンテンツプラットフォームである「Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)」とのパートナーシップを発表しました。IOSTは「技術支援・ビジネス開発・マーケティング」の分野でDvision Networkチームと協力し、ユーザーが仮想現実世界をより簡単に体験できるようにするための取り組みをサポートすると説明しています。

こちらから読む:ブラジル、2023年頃にはCBDC発行か「暗号資産」関連ニュース

Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)とは

Dvision-Network

Dvision Network(ディビジョン・ネットワーク)は、ブロックチェーン技術を活用してVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)関連の高品質なコンテンツを提供するプラットフォーム・エコシステムであり、VR関連の様々なサービスを提供することによって同社のエコシステムに参加する「開発者・ユーザー・コンテンツプロバイダー・広告主」などといった全ての人々がVR業界の発展に貢献したり、VR世界を楽しんだりすることができる環境を構築しています。

同社のプラットフォームでは、仮想現実世界のアイテムを取引することができる「VR-Market」、個人やアクセスを許可された人々がコンテンツを設置することができる「VR-Space」、様々なVR-Spaceの集合体によって構成された自由に参加可能な仮想現実世界「VR-City」が提供されます。

Dvision Networkが提供する「VR-Market、VR-Space、VR-City」など空間では、ERC-20トークンである「ディビジョントークン(Dvision Token/DVI)」を用いてアイテム・コンテンツ・広告費などの取引が行われるため、ユーザー・開発者・コンテンツプロバイダー・広告主はプラットフォーム上での活動を通じてDVIトークンを稼ぐことができる仕組みとなっています。

Dvision Networkのプラットフォームを活用して提供されるサービスの例としては「ゲーム・イベント会場・テーマパーク・文化財・ランドマーク」などが挙げられています。

技術支援・ビジネス開発・マーケティングなどで協力

アイオーエスティー(IOST)は「Dvision Network」とのパートナーシップを通じて「技術支援・ビジネス開発・マーケティング」などの分野で協力し、ユーザーが仮想現実世界をより簡単に体験できるようにするために、様々な企業が開発者などのメンバーがサポートできる包括的な仮想現実エコシステムを作成していくと述べています。

具体的には、IOSTのアセットを「Dvision Network」のプラットフォームに統合するため、ユーザーは既存のトークンを使用してDvision Network内の支払いシステムにアクセスできるようになるとされています。既存のIOSTトークン保有者は「VR-Space、VR-City、VR-Market」などのプラットフォームに参加してIOST基盤のアセットを管理することができるとのことです。

「Dvision Network」は仮想現実世界で開催される「Deconomy&Consensus」などのブロックチェーンイベントでIOSTの広告を掲載することも予定しており、イベント内には「IOSTの専用ブース」なども設置されると説明されています。

アイオーエスティー(IOST)はこれまで日本国内では取り扱われていなかったものの、2020年9月8日からは暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」でIOSTの取り扱いが開始される予定となっているため今後のIOSTの活動にも注目です。

>>「IOST」の公式発表はこちら
>>「Dvision Network」の公式発表はこちら
>>「Dvision Network」の公式サイトはこちら

2020年9月6日|アイオーエスティー(IOST)の価格

アイオーエスティー(IOST)の価格は、先月18日に0.78円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月6日時点では「1IOST=0.51円」で取引されています。

2020年3月11日〜2020年9月6日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)2020年3月11日〜2020年9月6日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

NASDAQ×R3:デジタル資産取引の「プラットフォーム開発」で協力

NASDAQ×R3:デジタル資産取引の「プラットフォーム開発」で協力

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月11日〜17日

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

大手酒造メーカー「ジャックダニエル」メタバース・NFT関連の商標申請

大手酒造メーカー「ジャックダニエル」メタバース・NFT関連の商標申請

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

LaLiga:人気のメタバース「Decentraland」でコンテンツ展開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す