【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

by BITTIMES

アメリカ・ニューヨークを拠点に世界6ヵ国で"テクノロジー×エンターテイメント"事業を展開している多国籍IT企業「NOBORDERS(ノーボーダーズ)」は2020年7月27日に、ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、VR(バーチャル・リアリティ)、AI(人工知能)などの最先端技術を活用した次世代形のバーチャルSNS「XANA(ザナ)」のベータ版を2020年8月から全世界向けにリリースすることを発表しました。

こちらから読む:Ripple社、XRP Ledgerの匿名化機能で研究支援「暗号資産」関連ニュース

次世代形バーチャルSNS「XANA(ザナ)」とは

NOBORDERS(ノーボーダーズ)が2020年8月に世界同時リリースを予定している「XANA(ザナ)」は、ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、VR(バーチャル・リアリティ)、AI(人工知能)などの最先端技術を活用した次世代形のバーチャルSNSとなっています。

XANA(ザナ)は仮想空間上でリアルビジネスを展開することができる次世代型プラットフォームとなっているため、ユーザーはアバターを作成して相互コミュニケーションを図りながら、イベント・ビジネス・コミュニケーション・ゲームを楽しみながら現実と仮想を融合させた"クロスリアリティ"の経済活動を行うことが可能になります。

具体的には「バーチャル空間を活用したイベントの開催・チケットの販売・企業やブランドの宣伝活動や物販」などといった様々なビジネス活動を、現実世界の枠に囚われずに拡大できるとされており、既存のSNSが文字・動画・写真などの"視聴ベース"であるのに対して、バーチャルSNSは"体験ベース"のプラットフォームであるため、そのプラットフォーム上での出来事はヒトの脳に「体験」としてより深く記憶されると説明されています。

(画像:XANA)(画像:XANA)

様々なデバイスで利用可能

XANA(ザナ)は「VRデバイス・パソコン・スマホ」などと様々な端末やプラットフォームで利用できるため、VRデバイスを有していない方でもスマホやPCで気軽にプレイすることができるようになっています。また既存SNSとの連動によって、プロモーション効果・拡散効果を倍増することもできるとされています。

【XANA(ザナ)対応端末】
・Mac
・Windows
・iOS
・Android
・oculus(オキュラス)
・Steam(スチーム)
・HTC VIVE(ヴァイヴ)

XANA

XANA(ザナ)でできる5つのこと

XANA(ザナ)でできることとしては主に以下の5点が挙げられていますが、この他にも自分でアバターを作成したり、3D作品・アバター・オブジェクト・環境に貢献して、XANAのエコシステムから報酬を得ることなども可能です。

  • アバターによるコミュニケーション
  • バーチャルイベントの開催
  • クロスリアリティビジネスの立ち上げ
  • バーチャル支店のオープン
  • デジタルアセットの売買

(画像:XANA)(画像:XANA)

XANA(ザナ)が持つ3つの特徴

XANA(ザナ)が持つ3つの特徴としては以下のようなものが挙げられていますが、より詳しく挙げるとこの他にも「フルボディアバター・3D空間化オーディオ・ゲーム・イベント」などといった他のSNSでは体験することのできない様々なことができるように設計されています。

  • ブロックチェーンによるデジタル資産化
  • 人工知能によるスケーラビリティ
  • デジタルウォレットとの連動

(画像:XANA)(画像:XANA)

XANA(ザナ)の詳細

XANA(ザナ)は2020年8月にベータ版リリース予定となっていますが、2020年7月22日には「ティザーサイト」が公開されているため、このティザーサイトや公式SNSなどを確認すれば新着情報や詳細を確認することが可能です。

【XANAの概要】
サービス名:XANA(ザナ)
ジャンル:バーチャルSNS
価格:無料
対応端末:Oculus、Steam、HTC VIVE、iOS、Android、Mac、Windows
対応言語:英語、日本語、中国語(繁体)、中国語(簡体)、韓国語、ヒンディー語

【XANA公式SNS】
公式サイト
公式Facebook
公式Instagram
公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

三菱UFJ:スマホ決済・ポイント管理を一括できる「MUFGウォレット」9月にも開始予定

三菱UFJ:スマホ決済・ポイント管理を一括できる「MUFGウォレット」9月にも開始予定

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す