【ブロックチェーン×AI×VR】次世代型バーチャルSNS「XANA(ザナ)」β版公開へ

by BITTIMES   

アメリカ・ニューヨークを拠点に世界6ヵ国で"テクノロジー×エンターテイメント"事業を展開している多国籍IT企業「NOBORDERS(ノーボーダーズ)」は2020年7月27日に、ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、VR(バーチャル・リアリティ)、AI(人工知能)などの最先端技術を活用した次世代形のバーチャルSNS「XANA(ザナ)」のベータ版を2020年8月から全世界向けにリリースすることを発表しました。

こちらから読む:Ripple社、XRP Ledgerの匿名化機能で研究支援「暗号資産」関連ニュース

次世代形バーチャルSNS「XANA(ザナ)」とは

NOBORDERS(ノーボーダーズ)が2020年8月に世界同時リリースを予定している「XANA(ザナ)」は、ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、VR(バーチャル・リアリティ)、AI(人工知能)などの最先端技術を活用した次世代形のバーチャルSNSとなっています。

XANA(ザナ)は仮想空間上でリアルビジネスを展開することができる次世代型プラットフォームとなっているため、ユーザーはアバターを作成して相互コミュニケーションを図りながら、イベント・ビジネス・コミュニケーション・ゲームを楽しみながら現実と仮想を融合させた"クロスリアリティ"の経済活動を行うことが可能になります。

具体的には「バーチャル空間を活用したイベントの開催・チケットの販売・企業やブランドの宣伝活動や物販」などといった様々なビジネス活動を、現実世界の枠に囚われずに拡大できるとされており、既存のSNSが文字・動画・写真などの"視聴ベース"であるのに対して、バーチャルSNSは"体験ベース"のプラットフォームであるため、そのプラットフォーム上での出来事はヒトの脳に「体験」としてより深く記憶されると説明されています。

(画像:XANA)(画像:XANA)

様々なデバイスで利用可能

XANA(ザナ)は「VRデバイス・パソコン・スマホ」などと様々な端末やプラットフォームで利用できるため、VRデバイスを有していない方でもスマホやPCで気軽にプレイすることができるようになっています。また既存SNSとの連動によって、プロモーション効果・拡散効果を倍増することもできるとされています。

【XANA(ザナ)対応端末】
・Mac
・Windows
・iOS
・Android
・oculus(オキュラス)
・Steam(スチーム)
・HTC VIVE(ヴァイヴ)

XANA

XANA(ザナ)でできる5つのこと

XANA(ザナ)でできることとしては主に以下の5点が挙げられていますが、この他にも自分でアバターを作成したり、3D作品・アバター・オブジェクト・環境に貢献して、XANAのエコシステムから報酬を得ることなども可能です。

  • アバターによるコミュニケーション
  • バーチャルイベントの開催
  • クロスリアリティビジネスの立ち上げ
  • バーチャル支店のオープン
  • デジタルアセットの売買

(画像:XANA)(画像:XANA)

XANA(ザナ)が持つ3つの特徴

XANA(ザナ)が持つ3つの特徴としては以下のようなものが挙げられていますが、より詳しく挙げるとこの他にも「フルボディアバター・3D空間化オーディオ・ゲーム・イベント」などといった他のSNSでは体験することのできない様々なことができるように設計されています。

  • ブロックチェーンによるデジタル資産化
  • 人工知能によるスケーラビリティ
  • デジタルウォレットとの連動

(画像:XANA)(画像:XANA)

XANA(ザナ)の詳細

XANA(ザナ)は2020年8月にベータ版リリース予定となっていますが、2020年7月22日には「ティザーサイト」が公開されているため、このティザーサイトや公式SNSなどを確認すれば新着情報や詳細を確認することが可能です。

【XANAの概要】
サービス名:XANA(ザナ)
ジャンル:バーチャルSNS
価格:無料
対応端末:Oculus、Steam、HTC VIVE、iOS、Android、Mac、Windows
対応言語:英語、日本語、中国語(繁体)、中国語(簡体)、韓国語、ヒンディー語

【XANA公式SNS】
公式サイト
公式Facebook
公式Instagram
公式Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

イーロン・マスク氏「法定通貨は詐欺」

イーロン・マスク氏「法定通貨は詐欺」

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

ネットマーブル:独自のブロックチェーンエコシステム「MBX(MARBLEX)」を発表

ネットマーブル:独自のブロックチェーンエコシステム「MBX(MARBLEX)」を発表

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す