ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

by BITTIMES

俳優・音楽プロデューサーなどとしても活躍しているアメリカ・ジョージア州アトランタ出身のラッパー「T.I.(本名:クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr.)」氏が、米国証券取引委員会(SEC)からの『不正なICOの販売促進に関与した』という申し立てを解決するために75,000ドル(約796万円)の罰金を支払うことで合意したことが明らかになりました。

こちらから読む:SKE48の"NFTトレカ"販売決定「暗号資産」関連ニュース

「不正なICOを行なった」として5人を告訴

米国証券取引委員会(SEC)は2020年9月11日に、映画プロデューサーであるRyan Felton(ライアン・フェルトン)氏や、ラッパー・俳優などとして知られるT.I.(本名:クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr.)氏などを含めた5人の個人を『未登録で詐欺的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行なった』として告訴したことを発表しました。

2017年に実施されたこのICOでは「FLiK用のデジタルストリーミングプラットフォーム」と「CoinSpark用のデジタル資産取引プラットフォーム」を構築するという内容のもとで「FLiKトークン」が販売されたとのことです。

ソーシャルメディアなどを通じて実施された「FLiKトークンのICO」では実際に多くの資金が集まったものの、Ryan Felton氏はFLiKトークンを秘密裏に自分のウォレットへと移動して市場で販売し、220万ドル(約2.3億円)の利益を生み出していた他、トークン価格を上げるための価格操作も行なっていたとされています。

さらにRyan Felton氏は、それらの不正に所得した資金を使用して「フェラーリ、100万ドルの家、ダイヤモンドジュエリー、その他の高級品」などを購入したと報告されています。

Felton氏を除く4人は「和解に合意」

米国証券取引委員会(SEC)の報告によると、Ryan Felton氏を除く4人の個人は罰金を支払って和解することで合意したとされています。

この4名は著名なラッパーである「T.I.」や、そのソーシャルメディアマネージャーであるWilliam Sparks Jr.氏、そしてアトランタ居住者であるChance White氏とOwen Smith氏であり、それぞれの個人は違法なトークンの宣伝に関与したと指摘されています。

複数の報道によると、T.I.氏の弁護士は『T.I.氏は詐欺行為に関与したことを後悔している』と語っているとのことで、『T.I.氏は失敗したベンチャー企業から1ドルも受け取ったことはなく、プロジェクトの開発が止まっていることを知った後すぐに、自身の名前を削除した』と説明していると伝えられています。

なお今回の合意では、T.I.氏は「75,000ドル(約796万円)の罰金を支払って、デジタル資産のプロモーション活動を5年間禁止すること」に合意しており、Sparks氏、White氏、Smith氏の3名は「25,000ドル(約265万円)の罰金を支払って、5年間デジタル資産の販売を禁止すること」に合意しているとされています。

一方、Ryan Felton(ライアン・フェルトン)氏は『ジョージア州北部地区連邦検事局からの刑事訴訟に直面している』と報告されています。

>>「米国証券取引委員会」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

ビットバンク:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

Gemini:SHIB・AUDIO・MASKなど「複数のDeFi・メタバース関連トークン」をサポート

Gemini:SHIB・AUDIO・MASKなど「複数のDeFi・メタバース関連トークン」をサポート

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す