ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

by BITTIMES

俳優・音楽プロデューサーなどとしても活躍しているアメリカ・ジョージア州アトランタ出身のラッパー「T.I.(本名:クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr.)」氏が、米国証券取引委員会(SEC)からの『不正なICOの販売促進に関与した』という申し立てを解決するために75,000ドル(約796万円)の罰金を支払うことで合意したことが明らかになりました。

こちらから読む:SKE48の"NFTトレカ"販売決定「暗号資産」関連ニュース

「不正なICOを行なった」として5人を告訴

米国証券取引委員会(SEC)は2020年9月11日に、映画プロデューサーであるRyan Felton(ライアン・フェルトン)氏や、ラッパー・俳優などとして知られるT.I.(本名:クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr.)氏などを含めた5人の個人を『未登録で詐欺的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行なった』として告訴したことを発表しました。

2017年に実施されたこのICOでは「FLiK用のデジタルストリーミングプラットフォーム」と「CoinSpark用のデジタル資産取引プラットフォーム」を構築するという内容のもとで「FLiKトークン」が販売されたとのことです。

ソーシャルメディアなどを通じて実施された「FLiKトークンのICO」では実際に多くの資金が集まったものの、Ryan Felton氏はFLiKトークンを秘密裏に自分のウォレットへと移動して市場で販売し、220万ドル(約2.3億円)の利益を生み出していた他、トークン価格を上げるための価格操作も行なっていたとされています。

さらにRyan Felton氏は、それらの不正に所得した資金を使用して「フェラーリ、100万ドルの家、ダイヤモンドジュエリー、その他の高級品」などを購入したと報告されています。

Felton氏を除く4人は「和解に合意」

米国証券取引委員会(SEC)の報告によると、Ryan Felton氏を除く4人の個人は罰金を支払って和解することで合意したとされています。

この4名は著名なラッパーである「T.I.」や、そのソーシャルメディアマネージャーであるWilliam Sparks Jr.氏、そしてアトランタ居住者であるChance White氏とOwen Smith氏であり、それぞれの個人は違法なトークンの宣伝に関与したと指摘されています。

複数の報道によると、T.I.氏の弁護士は『T.I.氏は詐欺行為に関与したことを後悔している』と語っているとのことで、『T.I.氏は失敗したベンチャー企業から1ドルも受け取ったことはなく、プロジェクトの開発が止まっていることを知った後すぐに、自身の名前を削除した』と説明していると伝えられています。

なお今回の合意では、T.I.氏は「75,000ドル(約796万円)の罰金を支払って、デジタル資産のプロモーション活動を5年間禁止すること」に合意しており、Sparks氏、White氏、Smith氏の3名は「25,000ドル(約265万円)の罰金を支払って、5年間デジタル資産の販売を禁止すること」に合意しているとされています。

一方、Ryan Felton(ライアン・フェルトン)氏は『ジョージア州北部地区連邦検事局からの刑事訴訟に直面している』と報告されています。

>>「米国証券取引委員会」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す