Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」は2020年9月17日に、取引所への新規上場を希望する暗号資産について調査するためのアンケート調査を実施することを発表しました。このアンケート調査では「取り扱ってほしい暗号資産」を自由に記入して回答することができるため、マイナーな暗号資産の上場を希望する方でもその希望を伝えることができるようになっています。

こちらから読む:ビットバンク、ステラルーメン(XLM)取り扱い開始「国内ニュース」

今回の調査では「希望する暗号資産の自由回答」が可能

Huobi Japan(フォビジャパン)は2020年9月17日に「フォビジャパンで新たに取り扱って欲しい暗号資産についてのアンケート調査」を実施することを発表しました。同社はこの調査結果を『今後のサービス向上に役立てていく』と説明しています。

前回実施された「新規取扱い暗号資産の上場投票アンケート」では、合計6種類の暗号資産候補の中から自分の好きなものに投票する形で意見募集が行われましたが、今回のアンケート調査では「希望する暗号資産」と「希望する理由」を自由に記入することができるようになっているため、あまり知られていないマイナーな暗号資産の上場を希望している場合にもその希望を伝えることができるようになっています。

アンケート調査はすでに実施されているため、専用ページに移動して、
1.性別
2.年齢
3.職業
4.投資経験
5.取り扱ってほしい暗号資産
6.その暗号資産を選んだ理由
7.フォビジャパンの口座を有しているか
に回答するだけで調査に参加することが可能です。今回のアンケート調査には「Huobi Japanの口座を有していない方」でも参加することができ、回答作業も数分ほどで完了するため、日本国内で取り扱われていない新たな暗号資産の上場を望んでいる方は参加してみると良いでしょう。

前回の上場投票アンケートでは「IOST」が1位に

Huobi Japan(フォビジャパン)が前回実施した「新規取扱い暗号資産の上場投票アンケート」では、
ネオ(Neo/NEO)
クアンタム(Qtum/QTUM)
テゾス(Tezos/XTZ)
アイオーエスティー(IOST/IOST)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・オントロジー(Ontology/ONT)
の6銘柄が候補として上がっており、投票開始初期の段階では「Tezos」が圧倒的多数の票を獲得していましたが、最終的な投票結果では「IOST」が最も高い票を獲得しています。

(画像:Huobi Japan)(画像:Huobi Japan

フォビジャパンは『この投票は上場を約束するものではない』としながらも『投票数が最も多かった暗号資産の上場申請を進める』と説明していたため、現在はIOST上場に向けた取り組みが進められていると予想されます。

「上場投票アンケート」が実施されていた時点では、IOSTは日本国内の取引所に上場していなかったものの、現在は「Coincheck(コインチェック)」がすでにIOSTの取り扱いを開始しているため、「Huobi Japan」にIOSTが上場する可能性も高いと考えられます。

>>「Huobi Japan」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

IG証券株式会社:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

IG証券株式会社:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

注目度の高い仮想通貨ニュース

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す