Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年9月8日に、同社が提供している「暗号資産取引サービス・貸仮想通貨サービス・暗号資産積立サービス」でアイオーエスティー(IOST)の取り扱いを開始したことを発表しました。

こちらから読む:ブロックチェーンゲーム"CrossLink"正式リリース「国内ニュース」

コインチェック:取扱う通貨は「14種類」に

Coincheck(コインチェック)は2020年9月8日に、日本国内では初めてとなる「アイオーエスティー(IOST)」の取り扱いを正式に開始したことを発表しました。これにより、コインチェックが取扱う暗号資産は以下の14種類となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
ネム(NEM/XEM)
リスク(Lisk/LSK)
ファクトム(Factom/FCT)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
アイオーエスティー(IOST/IOST)NEW!

「貸仮想通貨・つみたてサービス」でもサポート

IOST取り扱いの対象となるサービスは以下の3種類だとされています。

  • Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
  • Coincheck貸仮想通貨サービス(WEB)
  • Coincheckつみたて(WEB)

「暗号資産の購入・売却サービス」を利用すれば、通常通り日本円でIOSTを売買することができますが、「Coincheckつみたて」を利用すれば毎月一定額を自動で積み立てながら安定してIOSTに投資することができます

「貸仮想通貨サービス」でも既にIOSTの貸出募集が開始されており、「90日間(年率 3.0%)、180日間(年率 4.0%)、365日間 (年率 5.0%)」の中から好きな期間を選択してIOSTの貸出しができるようになっています。

IOSTが日本国内の暗号資産取引所に上場するのは今回初めてであるため、今後の動きにも注目です。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

2020年9月8日|アイオーエスティー(IOST)の価格

アイオーエスティー(IOST)の価格は今月6日に0.5円付近まで下落したものの、現在はやや回復しており、2020年9月8日時点では「1IOST=0.67円」で取引されています。

2020年8月9日〜2020年9月8日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)2020年8月9日〜2020年9月8日 IOSTのチャート(画像:CoinGecko)

IOSTの取扱いを開始した暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

リクルート:ビットコインウォレット「Breez」に出資|Lightning Network利用拡大を支援

リクルート:ビットコインウォレット「Breez」に出資|Lightning Network利用拡大を支援

2021年、ビットコインは「巨大な強気相場」に突入する:著名アナリストPlanB

2021年、ビットコインは「巨大な強気相場」に突入する:著名アナリストPlanB

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

Kraken:UAEアブダビのオフィス閉鎖|AEDのサポートも停止

Kraken:UAEアブダビのオフィス閉鎖|AEDのサポートも停止

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

MetaMask:Portfolio Dappで「イーサリアムのステーキング」が可能に

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す