指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Gate.io(ゲート)」が、指紋認証機能を搭載したハードウェアウォレット「Wallet S1」をリリースしたことが明らかになりました。このウォレットは最初に中国市場向けに販売されていますが、今後3〜4ヶ月ほどで中国以外の国でも販売が開始される予定だと伝えられています。

こちらから読む:BRDウォレット、ユーザー数"600万人"突破「ウォレット」関連ニュース

ハードウェアウォレット「Wallet S1」リリース

世界中で100万人以上のユーザーに利用されている暗号資産取引所「Gate.io(ゲート)」は、指紋認証機能を搭載したハードウェアウォレットである「Wallet S1」を中国市場向けにリリースしたことを発表しました。

「Wallet S1」はポケットに収まるコンパクトなハードウェアウォレットとなっており、デバイスには指紋認証を行うためのディスプレイに加えて通常のディスプレイも搭載されており、BTCETHEOSなどといった主流の暗号資産に加えて、数千種類のトークンにも対応していると説明されています。

「Wallet S1」の公式サイトによると、同ウォレットがサポートする暗号資産の種類は10,000以上にのぼるとされています。

(画像:Wallet.io)(画像:Wallet.io)

日常的な取引も指紋認証で簡単に

「Wallet S1」のユーザーは、デバイスをパソコンやAndroidスマートフォンに同期することによって、指紋認証機能を使用してトランザクションを承認することができるされています。

このウォレットは一般的なハードウェアウォレットと同様にインターネットから分離された状態で暗号資産を保管することができるため、より安全に暗号資産を保管することができ、指紋認証機能が搭載されていることによって日常的な取引に使用する際にも便利なデバイスになっていると説明されています。

また、エンタープライズレベルのユースケースとしては『デバイスをGateChainのVaultアドレスと組み合わせて使用することによって、セキュリティをさらに強化することができる』とも説明されています。

「Gate.io」の最高マーケティング責任者であるMarie Tatibouet氏は今回リリースされた「Wallet S1」について『総当たり攻撃を検出した時に自動で初期化することができる、指紋認証アルゴリズムを搭載した最初のハードウェアウォレットである』と説明しています。

「Wallet S1」の価格は1台あたり約50ドル(約5,300円)となっており、今後3〜4ヶ月ほどで中国以外の国でも販売が開始される予定だと伝えられています。

>>「Wallet.io」の公式発表はこちら
>>「Wallet S1」の製品ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す