KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

by BITTIMES

暗号資産取引所「kuCoin(クーコイン)」の共同設立者兼CEOであるJohnny Lyu(ジョニー・リュー)氏は2020年11月11日に、KuCoinが2020年9月に発生したハッキング事件で影響を受けた資産の84%を回収したことを明らかにしました。

こちらから読む:GMOコイン、"法人口座の申込受付"開始「暗号資産」関連ニュース

各種トークンの取引サービスなども再開へ

kuCoin(クーコイン)では2020年9月26日にハッキングによって2億7,900万ドル(約293億円)相当の暗号資産が流出する事件が発生していましたが、同取引所のCEOであるJohnny Lyu(ジョニー・リュー)氏は2020年11月11日のツイートで今回のハッキングで影響を受けた資産の84%を回収したことを報告しています。

同氏の報告によると、回収した資金は「オンチェーンでの追跡・契約のアップグレード・法的手段」などによって回収されたとのことで、暗号資産の償還などに関する詳細は事件が解決し次第改めて発表すると説明されています。

KuCoinは事件発生時に各種暗号資産の取引サービスを一時的に停止していましたが、現在は合計176種類のトークンのサービスが再開されているとのことで、残りのトークンの関連するサービスは2020年11月22日までに再開される予定だと報告されています。

今回のハッキング事件で流出した暗号資産の詳細は明らかにされていないものの、これまでの報道ではビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)エックスアールピー(XRP)ステラ(XLM)ERC20トークンなどといった様々な暗号資産が盗まれたことが報告されていました。

これまでに発生した暗号資産取引所のハッキング事件では盗まれた資金の多くが回収できずにいたため、『資金の84%を回収した』という今回の発表には称賛の声が多数寄せられています。

Johnny Lyu(ジョニー・リュー)氏は一連のツイートの中で『今回の事件で私たちに協力してくれた全ての個人と機関に感謝します』と述べており、今後もユーザー保護に尽力し、より多くの暗号資産を世界に提供していくと語っています。

なお、リュー氏は2020年10月3日に『今回のハッキング事件に関与したとみられる容疑者に関する十分な証拠を発見した』とも報告しており、法執行官や警察と協力してさらなる捜査を進めていることも報告しています。

>>「Johnny Lyu氏の報告」はこちら

複数の暗号資産を安全に保管することができる「TREZOR(トレザー)」の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

イーサリアム2.0「正式リリース」ビーコンチェーンがついに稼働

イーサリアム2.0「正式リリース」ビーコンチェーンがついに稼働

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

シンボル(Symbol/XYM)スナップショット&公開日「2021年1月」に決定【NEM/XEM】

シンボル(Symbol/XYM)スナップショット&公開日「2021年1月」に決定【NEM/XEM】

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

XRP価格「100円付近まで高騰」の可能性|本格的な強気相場突入か【アナリスト予想】

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

航空宇宙大手「Thales」ブロックチェーン用いた製造・メンテナンスセンター開設

航空宇宙大手「Thales」ブロックチェーン用いた製造・メンテナンスセンター開設

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す