BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月24日に、同社のビットコイン(BTC)入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEユーザーはBTCの入出金を行う際に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、取引手数料を削減することができるようになります。

こちらから読む:ロシアの取引所で大規模なハッキング被害「暗号資産」関連ニュース

BINANCE:BTC入出金の両方で「SegWit」に対応

BINANCE(バイナンス)は2020年12月24日に、同社のビットコイン入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEは既に「ビットコインの出金サービス」でSegWitをサポートしていましたが、今回の対応によってBTCの入出金両方でSegWitがサポートされたことになります。

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは、仮想通貨取引の問題とされていたスケーラビリティ問題を解決するための技術の1つであり、 ブロックに入れるトランザクション(取引履歴)のフォーマットを整理することによって、より多くのデータをブロックに入れることができる仕組みとなっています。

この技術を使用すれば1ブロック内に含めるトランザクションの量を増やすことができるため、取引承認作業の速度が向上し、取引手数料も安く抑えることができるようになります。

手数料削減に役立つが「注意点」も

BINANCEはビットコイン送金時に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、SegWit(bech32)アドレスに資金を送金することができると説明しており、SegWitは手数料の削減に役立つはずだと述べています。

また、今回の発表では「SegWit利用時の注意点」についても説明が行われており、『互換性の資産を誤ったアドレスに送金してしまった場合には、資金を回収することができなくなり、損失が発生してしまう』と強調されています。

ビットコイン(BTC)の「送金時間が遅いこと」や「送金手数料が高額であること」は数年前から問題視されていましたが、最近では「SegWit」や「Lightning Network」などの技術が主流の取引所・サービスなどでも採用されてきているため、これらの技術採用が今後も進むことによって、BTCがより使い易いものになり、ビットコインの普及にもつながると期待されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

Huobi Japan「Nintendo Switch・Apple Watch」など豪華賞品が当たるキャンペーン開催へ

Huobi Japan「Nintendo Switch・Apple Watch」など豪華賞品が当たるキャンペーン開催へ

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Moonstake:カルダノ基盤のDeFi開発促進に向け「Astarter」と提携

Moonstake:カルダノ基盤のDeFi開発促進に向け「Astarter」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

Huobi Japan:販売所・取引所サービスで「IOST」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所サービスで「IOST」取扱いへ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す