BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月24日に、同社のビットコイン(BTC)入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEユーザーはBTCの入出金を行う際に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、取引手数料を削減することができるようになります。

こちらから読む:ロシアの取引所で大規模なハッキング被害「暗号資産」関連ニュース

BINANCE:BTC入出金の両方で「SegWit」に対応

BINANCE(バイナンス)は2020年12月24日に、同社のビットコイン入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEは既に「ビットコインの出金サービス」でSegWitをサポートしていましたが、今回の対応によってBTCの入出金両方でSegWitがサポートされたことになります。

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは、仮想通貨取引の問題とされていたスケーラビリティ問題を解決するための技術の1つであり、 ブロックに入れるトランザクション(取引履歴)のフォーマットを整理することによって、より多くのデータをブロックに入れることができる仕組みとなっています。

この技術を使用すれば1ブロック内に含めるトランザクションの量を増やすことができるため、取引承認作業の速度が向上し、取引手数料も安く抑えることができるようになります。

手数料削減に役立つが「注意点」も

BINANCEはビットコイン送金時に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、SegWit(bech32)アドレスに資金を送金することができると説明しており、SegWitは手数料の削減に役立つはずだと述べています。

また、今回の発表では「SegWit利用時の注意点」についても説明が行われており、『互換性の資産を誤ったアドレスに送金してしまった場合には、資金を回収することができなくなり、損失が発生してしまう』と強調されています。

ビットコイン(BTC)の「送金時間が遅いこと」や「送金手数料が高額であること」は数年前から問題視されていましたが、最近では「SegWit」や「Lightning Network」などの技術が主流の取引所・サービスなどでも採用されてきているため、これらの技術採用が今後も進むことによって、BTCがより使い易いものになり、ビットコインの普及にもつながると期待されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す