BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月24日に、同社のビットコイン(BTC)入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEユーザーはBTCの入出金を行う際に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、取引手数料を削減することができるようになります。

こちらから読む:ロシアの取引所で大規模なハッキング被害「暗号資産」関連ニュース

BINANCE:BTC入出金の両方で「SegWit」に対応

BINANCE(バイナンス)は2020年12月24日に、同社のビットコイン入金サービスが「SegWit(セグウィット)」に対応したことを発表しました。BINANCEは既に「ビットコインの出金サービス」でSegWitをサポートしていましたが、今回の対応によってBTCの入出金両方でSegWitがサポートされたことになります。

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは

セグウィット(Segregated Witness/SegWit)とは、仮想通貨取引の問題とされていたスケーラビリティ問題を解決するための技術の1つであり、 ブロックに入れるトランザクション(取引履歴)のフォーマットを整理することによって、より多くのデータをブロックに入れることができる仕組みとなっています。

この技術を使用すれば1ブロック内に含めるトランザクションの量を増やすことができるため、取引承認作業の速度が向上し、取引手数料も安く抑えることができるようになります。

手数料削減に役立つが「注意点」も

BINANCEはビットコイン送金時に「BTC(SegWit)ネットワーク」を選択することによって、SegWit(bech32)アドレスに資金を送金することができると説明しており、SegWitは手数料の削減に役立つはずだと述べています。

また、今回の発表では「SegWit利用時の注意点」についても説明が行われており、『互換性の資産を誤ったアドレスに送金してしまった場合には、資金を回収することができなくなり、損失が発生してしまう』と強調されています。

ビットコイン(BTC)の「送金時間が遅いこと」や「送金手数料が高額であること」は数年前から問題視されていましたが、最近では「SegWit」や「Lightning Network」などの技術が主流の取引所・サービスなどでも採用されてきているため、これらの技術採用が今後も進むことによって、BTCがより使い易いものになり、ビットコインの普及にもつながると期待されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

注目度の高い仮想通貨ニュース

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す