【重要】コインチェック「BINANCEからの誤送金」について注意喚起

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年12月10日に、仮想通貨市場の活発化に伴い"暗号資産の誤送金"が増加していることについて注意喚起を行いました。今回の発表では「BINANCE(バイナンス)」からETHやBATを送金する際に「Binance Smart Chain」を選択することによって生じる誤送金についても注意喚起が行われています。

こちらから読む:FXcoin、国内初の"XRPベース取引"提供開始「国内ニュース」

BINANCEからの「ETH・BAT送金」に要注意

Coincheck(コインチェック)は2020年12月10日に、同取引所で「暗号資産の誤送金」が増加していることを報告しました。同社は『送金では暗号資産ごとに注意点が異なるため、送金する際にはコインの送金画面に表示される注意事項を必ず確認するようにお願いします』と説明しています。

今回の発表では、海外の暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」からイーサリアム(Ethereum/ETH)ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を送金する際の注意点が強調されており、BINANCEからコインチェックにETHやBATを送金する際には「Binance Smart Chain(BSC)」を選択しないようにと強調されています。

バイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain/BSC)とは「BINANCEが開発した独自のブロックチェーン」のことであり、このブロックチェーンではETHやBATなどの複数の暗号資産に価値が連動した「Binance-Peg Ethereum Token」や「Binance-Peg Basic Attention Token」などが発行されています。

BINANCEで「ETH」や「BAT」を送金する場合には、
・Binance Chain(BNB)
・Binance Smart Chain(BSC)
・Ethereum(ETH)
といったように送金方法を選択する画面が表示される仕様となっていますが、この際に「Binance Smart Chain(BSC)」を選択した場合には「Binance-Peg Ethereum Token」や「Binance-Peg Basic Attention Token」が送金される仕組みとなっています。

BINANCEにおけるETHの送金画面。画面右側で送金時のネットワークが選択可能(画像:BINANCE)BINANCEにおけるETHの送金画面。画面右側で送金時のネットワークが選択可能(画像:BINANCE)

「Binance Chain」や「Binance Smart Chain」に対応しているウォレットに送金する場合にはこれら2つを選択しても問題はありませんが、コインチェックはこれらのトークンを取り扱っていないため、コインチェックにETHやBATを送金する場合には「Ethereum(ERC-20)」や「Basic Attention Token(ERC-20)」を選択する必要があります。

コインチェックは今回の発表の中で「外部からの送金時に設定ミス・入力ミスなどで暗号資産の誤送信が行われた場合には、それらの暗号資産を補償することはできない」ということを説明しているため、BINANCEからの送金だけに限らず、暗号資産を送金する際には十分注意するようにしましょう。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

coincheckが海外送金サービス停止

coincheckが海外送金サービス停止

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月11日〜17日

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

米ナスダック「Nasdaq Digital Assets」を発表|暗号資産カストディサービス提供へ

米ナスダック「Nasdaq Digital Assets」を発表|暗号資産カストディサービス提供へ

FTX Japan「暗号資産の四半期先物取引」提供開始|記念キャンペーンも

FTX Japan「暗号資産の四半期先物取引」提供開始|記念キャンペーンも

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

Mythical Games:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム「Blankos Block Party」発売へ

韓国当局:メタバース上の性犯罪者に「懲役4年」を求刑

韓国当局:メタバース上の性犯罪者に「懲役4年」を求刑

GMOコイン:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

GMOコイン:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す