【重要】コインチェック「BINANCEからの誤送金」について注意喚起

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年12月10日に、仮想通貨市場の活発化に伴い"暗号資産の誤送金"が増加していることについて注意喚起を行いました。今回の発表では「BINANCE(バイナンス)」からETHやBATを送金する際に「Binance Smart Chain」を選択することによって生じる誤送金についても注意喚起が行われています。

こちらから読む:FXcoin、国内初の"XRPベース取引"提供開始「国内ニュース」

BINANCEからの「ETH・BAT送金」に要注意

Coincheck(コインチェック)は2020年12月10日に、同取引所で「暗号資産の誤送金」が増加していることを報告しました。同社は『送金では暗号資産ごとに注意点が異なるため、送金する際にはコインの送金画面に表示される注意事項を必ず確認するようにお願いします』と説明しています。

今回の発表では、海外の暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」からイーサリアム(Ethereum/ETH)ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を送金する際の注意点が強調されており、BINANCEからコインチェックにETHやBATを送金する際には「Binance Smart Chain(BSC)」を選択しないようにと強調されています。

バイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain/BSC)とは「BINANCEが開発した独自のブロックチェーン」のことであり、このブロックチェーンではETHやBATなどの複数の暗号資産に価値が連動した「Binance-Peg Ethereum Token」や「Binance-Peg Basic Attention Token」などが発行されています。

BINANCEで「ETH」や「BAT」を送金する場合には、
・Binance Chain(BNB)
・Binance Smart Chain(BSC)
・Ethereum(ETH)
といったように送金方法を選択する画面が表示される仕様となっていますが、この際に「Binance Smart Chain(BSC)」を選択した場合には「Binance-Peg Ethereum Token」や「Binance-Peg Basic Attention Token」が送金される仕組みとなっています。

BINANCEにおけるETHの送金画面。画面右側で送金時のネットワークが選択可能(画像:BINANCE)BINANCEにおけるETHの送金画面。画面右側で送金時のネットワークが選択可能(画像:BINANCE)

「Binance Chain」や「Binance Smart Chain」に対応しているウォレットに送金する場合にはこれら2つを選択しても問題はありませんが、コインチェックはこれらのトークンを取り扱っていないため、コインチェックにETHやBATを送金する場合には「Ethereum(ERC-20)」や「Basic Attention Token(ERC-20)」を選択する必要があります。

コインチェックは今回の発表の中で「外部からの送金時に設定ミス・入力ミスなどで暗号資産の誤送信が行われた場合には、それらの暗号資産を補償することはできない」ということを説明しているため、BINANCEからの送金だけに限らず、暗号資産を送金する際には十分注意するようにしましょう。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す