Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

by BITTIMES

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2020年12月16日に、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を安い手数料で素早く送金することができる技術「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を2021年に統合することを発表しました。

こちらから読む:ビットコイン価格、ついに"2万ドル"突破「暗号資産」関連ニュース

「Lightning Network経由のBTC入出金」が可能に

Kraken(クラーケン)は2020年12月16日に、仮想通貨ビットコインを安い手数料で素早く送金することができる技術「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を2021年のタイミングで同取引所のシステムに統合することを発表しました。

Lightning Network(ライトニングネットワーク)とは、ブロックチェーンの外で取引を行う"オフチェーン取引"によってビットコインの送金速度を向上させ、少額決済を可能にし、送金手数料を安く抑えることができる技術であり、「送金時間が遅い・送金手数料が高い」などといったビットコインの問題点を解決できる技術として数年前から注目されています。

Krakenは今回の発表の中で『2021年にはライトニングネットワークに焦点を当てたチームを採用することを約束する』と語っており、『2021年前半にはクライアントがライニングネットワーク経由でビットコインを入出金できるようにする予定』だと説明しています。

トレーダーと投資家の皆様に可能な限り最高サービスを提供するための継続的な取り組みの一環として、2021年にはライトニングネットワークに焦点を当てたチームを採用することをお約束します。

2021年前半には、お客様がライトニングネットワークを介してビットコインを入金・出金できるようにする予定です。これによってお客様はビットコインを即座に最低料金で移動することができるようになります。

また、Krakenは『ライトニングネットワークを介したより簡単な入出金は、私たちが提供しようとしている追加機能の始まりに過ぎない』とも語っており、『KrakenのLightning Networkチームに参加することによって"デジタルマネーによるプログラム可能な支払いの未来"を形作ることができる』として、これらの技術に精通した開発者を募集していることも報告しています。

Lightning Networkはビットコイン決済サービスやウォレットアプリなどでは採用されているものの、暗号資産取引所ではあまり採用されていなかったため、主流の取引所でライトニングネットワークが採用されることによって、取引所との間で行われるBTC送受金がより素早く、低コストになると期待されます。

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「Kraken」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

ブルガリ:ブロックチェーン・NFTも活用した「世界最薄の新作腕時計」を発表

ブルガリ:ブロックチェーン・NFTも活用した「世界最薄の新作腕時計」を発表

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

注目度の高い仮想通貨ニュース

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

BINANCE「LUNA・USTの現物取引・入出金」を再開|CEOからは注意喚起も

BINANCE「LUNA・USTの現物取引・入出金」を再開|CEOからは注意喚起も

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す