ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2021年1月22日に重要視されていた「1BTC=300万円」のラインにまで下落しました。著名投資家・トレーダーの間では『2021年にBTC価格が現在の過去最高値を超えることはない』といった意見も出ていますが、そのような投資家を含めた多くの著名人は200万円〜300万円の価格帯を"重要なサポートライン"と判断しています。

こちらから読む:BlackRock、2ファンドでBTCを投資対象に「暗号資産」関連ニュース

ビットコイン価格、一時「300万円」まで下落

ビットコイン(BTC)は昨年9月頃から上昇を続け、今月8日には430万円付近にまで達していたものの、その後は利益確定の売りが加速しており、本日2021年1月22日の午前10時頃には業界で重要視されていた「1BTC=300万円」のラインにまで下落しました。

一部取引所では『一時的に300万円を割り込んだ』とも報告されていますが、今のところ300万円のサポートラインはキープされており、記事執筆時点では「1BTC=3,040,589円」で取引されています。

2020年12月22日〜2021年1月22日 BTCの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年12月22日〜2021年1月22日 BTCの価格チャート(画像:CoinGecko)

BTCの今後の値動き|著名投資家の見解は?

2021年のビットコイン価格予想では400万円〜3,000万円を予想する意見が多数出ていましたが、最近では『2021年にBTC価格が430万円の過去最高値を超えることはない』といった予想も注目を集めており、米国の投資会社「Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)」の最高投資責任者(CIO)であるScott Minerd(スコット・マイナード)氏は『おそらくBTCが高値を記録することは来年までない。2万ドル(約200万円)に向けた下落を見ることになるだろう』と語っています。

また、2018年のBTC価格暴落や、今回のBTC下落を予想していた著名トレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は昨年末の予想時に『2万ドル(約200万円)付近に強力なサポートラインがある』ということを示しており、Twitterで24万人ほどのフォロワーを持つ著名アナリストWilly Woo(ウィリー・ウー)氏も2021年1月8日のツイートで『BTC価格が2万ドルまで下落することは二度とない。3万ドル(約300万円)は手強いサポートラインだ』と語っていたため、著名投資家の多くは『200万円〜300万円が重要なサポートラインになる』と考えているのだと予想されます。

ただし、スコット・マイナード氏が『2021年にBTCが過去最高値を更新することはない』と予想している一方でウィリー・ウー氏は『10万ドル(1,000万円)の価格目標は低すぎる』と語っており、今月19日のツイートでは『現在ビットコインは"最低20万ドル(約2,000万円)"に向けて順調に進んでいる』と説明されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

ドイツ老舗銀行:ステラ(XLM)の技術でユーロ建ステーブルコイン「EURB」発行へ

ドイツ老舗銀行:ステラ(XLM)の技術でユーロ建ステーブルコイン「EURB」発行へ

Chiliz&Socios:バレンシアCF・コリンチャンスの「100枚限定NFT」配布へ

Chiliz&Socios:バレンシアCF・コリンチャンスの「100枚限定NFT」配布へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「フルミネンセFC」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「フルミネンセFC」と提携|公式ファントークン発行へ

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

Bitget:豪華賞品がもらえる「夏の入金キャンペーン」開始|入金してUSDT・BTC報酬を獲得

Bitget:豪華賞品がもらえる「夏の入金キャンペーン」開始|入金してUSDT・BTC報酬を獲得

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

FTX Japan:ドージコイン(Dogecoin/DOGE)取扱いへ|現物・パーペチュアル取引で

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す