ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

by BITTIMES   

2018年のビットコイン価格暴落を予想したことなどで知られる著名投資家Peter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、2020年12月27日にツイートで最新のビットコイン価格予想を公開し、BTCが放物線状の強気相場に突入していることを示しました。同氏は一定のタイミングで下落する可能性があると予想しているものの、80%以上下落することはないとも語っています。

こちらから読む:Coinbase、"XRP取引の一時停止"を発表「暗号資産」関連ニュース

BTC強気相場を支える「2つの上昇曲線」

Twitterで39万人以上のフォロワーを持つ著名投資家のPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、2020年12月27日のツイートで最新のビットコイン価格予想を投稿し、『ビットコインは2020年9月の安値から放物線状の上昇を続けている』と報告しました。

同氏が投稿したビットコインチャート画像には「2020年9月から続く上昇曲線(赤)」と「2018年から続く上昇曲線(緑)」が記されており、2021年1月のBTC価格が42,000ドル(約420万円)を突破する可能性があることが示されています。

ブラント氏は「ビットコインは一定のラインで赤色の上昇曲線を下回る可能性がある」と予想していますが、それと同時に「2018年から長期的に続いている緑の上昇曲線を下回ることはない」とも予想しており、2018年12月と2020年3月の安値に基づいて作成された緑色の放物線が強気相場の原動力であると語っています。

ビットコインは2020年9月の安値から放物線状の動きで上昇しています。私は特定のポイントでこの曲線を下回ることになると予想していますが、80%下落することはないと思います。緑の曲線は2018年12月と2020年3月の安値に基づいたより大きな放物線です。これが強気相場の原動力です。

2021年1月1日以降に一度下落する可能性も?

Peter Brandt(ピーター・ブラント)氏は現在のビットコインが放物線状の上昇トレンドに突入していることを指摘していますが、『税金の関係で2021年1月1日以降に売りが増加する可能性もある』とも予想しています。

2020年内にビットコインを売却した場合には「2020年の利益」として税金がかかってくることになりますが、2021年1月1日以降に売却した場合には「2021年の利益」ということになり、再来年の確定申告で税金の計算をすることになるため、2021年に入った後にビットコインが一度売却される可能性はあると予想されます。

ビットコイン価格は今月20日〜25日頃に過去最高値ラインを突破しましたが、2017年1月3日に当時の過去最高値を更新して14万円付近まで高騰したBTCはその1週間後2017年1月10日に9万円まで急落していたため、今回の強気相場でも同様の動きが見られる可能性もあると考えられます。

「アルトコインシーズン到来」の可能性は?

ビットコインの上昇が止まって修正段階に入ったタイミングでは、その他のアルトコイン価格が上昇する「アルトコインシーズン」が到来する傾向がありますが、ブラント氏は『BTC修正時にアルトコインシーズンが始まると思うか?』という質問に対して『ジャンクコインのことは忘れて、本物に集中すべきだ』とコメントしています。

仮想通貨市場ではビットコインの価格上昇に伴い他のアルトコイン価格も上昇していますが、米国証券取引委員会(SEC)Ripple(リップル)社を提訴したことによってXRPなどの価格は急落しているため、今後もアルトコインの下落・低迷が続いた場合にはアルトコインに投資されていた資産がビットコインに流れる可能性もあると予想されます。

暗号資産業界の著名な投資家やアナリストたちの多くは『ビットコイン価格は今回の強気相場で1,000万円を超える』と予想しているため今後の動きにも注目です。

2020年12月29日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月27日に290万円付近まで上昇したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年12月29日時点では「1BTC=2,750,690円」で取引されています。

2020年9月30日〜2020年12月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月30日〜2020年12月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム考案者「ローンで仮想通貨投資すべきではない」と警告

イーサリアム考案者「ローンで仮想通貨投資すべきではない」と警告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)韓国の仮想通貨取引所「Upbit」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す