2021年、ビットコインは「巨大な強気相場」に突入する:著名アナリストPlanB

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想をTwitter上で定期的に発信している著名アナリストPlanB氏は、オンラインカンファレンス「SALT Talks」に出演した際に『ビットコインは2021年に巨大な強気相場に突入する』との予想を語りました。また同氏は『ビットコインは"お金のプロトコル"だ』と説明した上で、『2020年以降に複数の通貨を使用するのは意味がない』との考えなども語っています。

こちらから読む:米大手保険会社、ビットコインに100億円を投資「暗号資産」関連ニュース

「2021年は巨大な強気相場の年になる」と予想

PlanB氏はオンラインカンファレンス「SALT Talks」に出演した際に『ビットコイン価格は来年のクリスマスまでに10万ドル〜30万ドル(約1,000万円〜3,000万円)まで高騰するだろう』と予想した上で『来年は巨大な強気相場の年になる』との予想を語りました。

過去10年間の金や不動産と比較して考えると、ビットコイン価格はここからさらに10倍〜20倍へと成長し、来年のクリスマス前までには10万ドル〜30万ドルにまで高騰してもおかしくはないと思います。

このような予想は非常に強気な予想にも聞こえるため、一部の人々は『馬鹿げている』と感じるかもしれませんが、このような動きは過去に3回も起こっています。

なにも起こらない期間が何年も続き、いくつかの大きなクラッシュを経験しましたが、来年は巨大な強気相場の年になると私は思います。

PlanB氏はビットコインの将来に強気な理由として「ビットコインの供給量が限られていること」や「ビットコインの半減期が訪れたこと」を挙げており、『ビットコインが欲しいなら、あなたはBTCを売ってくれるように誰かを説得しなければならない』と説明しています。

BTC=2020年以降に使用される「お金のプロトコル」

『ビットコインこそが唯一無二の暗号資産である』といった考えを持つ人々は仮想通貨業界で"ビットコイン・マキシマリスト(Bitcoin Maximalist)"と呼ばれていますが、PlanB氏は『私はその用語が好きではない』としながらも自身がビットコイン・マキシマリストであることを認めています。

PlanB氏はビットコインを支持する理由について『ビットコインは会社ではなく"お金のプロトコル"である』ということを強調した上で、『2020年以降に複数の通貨を使用するのは意味がない。ビットコインという1つの通貨プロトコルを使用する方がはるかに効率的である』と説明しています。

私は勝者が全てのゲームを取ることになると思います。そこにある混乱の多くは「ビットコインや他のコインを製品や企業とみなしている人がいる」という事実からきていると思います。あなたは多様な製品を持つことができるため、いくつかの製品が勝って、他の製品が負け、複数の企業が共存したりする可能性があります。これは非常に論理的な見方です。

しかし私の考えからすると、ビットコインは会社ではなく「プロトコル」です。あなたはビットコインという「お金のプロトコル」を持つことができますが、私が思うに2020年以降に複数の通貨を使用することには意味がありません。ビットコインという1つの通貨プロトコルを使用する方がはるかに効率的です。私は人々が『マキシマリスト』と呼ぶものに該当しますが、私はその用語が好きではありません。

BTC最大のリスクは「政府や規制の干渉」

PlanB氏は『ビットコインは2021年に放物線状の価格高騰を見せる準備ができている』と考えていますが、その一方では"歴史に名を残す偉大な技術"と同様にビットコインも「政府や規制の干渉」に対して脆弱であると述べています。

人々が目にする最大のリスクは「政府による禁止または規制」です。政府はビットコインに公然と反対していますが、特にビットコインの前に誕生したものを殺そうとしています。

ビットコインは最初に誕生したデジタル通貨ではなく、4番目・5番目・6番目のものでした。ビットコインよりも前に誕生したその他全てのデジタル通貨は「ピアツーピアではなかった」「発明者が匿名ではなかった」などの理由によって、政府に活動停止を言い渡されました。

政府がFacebookの「Libra(現:Diem)」に何をしたかをよく見てください。ある意味ビットコインはこのようなリスクに対処するために特別に設計されました。

同氏は「ビットコインは政府や規制などに影響を受ける可能性がある」ということを語っているものの、『最終的には規制が改善されてより合理的な規制が適用されるようになる』と考えていることも語っています。

車が発明されたばかりの時は『車を持っている場合は歩行者や自転車に危険が及ばないように"車の前で赤い旗を掲げて歩く人"を雇わなければならない』という規則がありました。全ての新しいテクノロジーは、独自の愚かな規制をもたらしますが、最終的にはその規制が改善され、より合理的になります。

PlanB氏は2020年もビットコインの値動きを正確に予想してきており、「1BTC=100万円前後」で推移していた9月には『ビットコイン価格はそろそろ上がる』との考えを示し、11月には『ビットコイン価格が2021年12月までに10万ドル〜28万ドル(約1,050万円〜2,940万円)に達することは間違いない』との予想を語っています。

>>「PlanB氏が語った内容」はこちら

2020年12月12日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月25日に200万円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2020年12月14日時点では「1BTC=1,990,917円」で取引されています。

2020年10月9日〜2020年12月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月9日〜2020年12月14日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

エバードーム(Everdome/DOME)「Android版スマホアプリ」をリリース

エバードーム(Everdome/DOME)「Android版スマホアプリ」をリリース

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表NEW

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

MEXC Global:メタバース銘柄「Bloktopia(BLOK)」取扱いへ|本日上場予定

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

中京テレビ24時間テレビに「メタバース会場」開設|スマホ・PCなどから参加可能

中京テレビ24時間テレビに「メタバース会場」開設|スマホ・PCなどから参加可能

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

JBA「暗号資産・Web3領域の税制改正」に関するアンケート調査実施|7月29日まで

JBA「暗号資産・Web3領域の税制改正」に関するアンケート調査実施|7月29日まで

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す