コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」で2018年1月に発生した『約580億円相当の仮想通貨ネム(NEM/XEM)が流出した事件』で、警視庁が流出したNEMの不正な交換に応じたとみられる医師や会社役員など約30人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕・書類送検したことが複数の報道で明らかになりました。

流出したXEMを追跡し「約30人」を摘発

Coincheck(コインチェック)では2018年1月に約580億円相当の仮想通貨ネム(NEM/XEM)が流出する事件が発生しており、その後は長期的な捜査が続けられていましたが、今回の報道では『警視庁がコインチェック事件で流出したNEMの不正交換に応じたとみられる医師や会社役員など約30人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕・書類送検した』ということが報告されています。

コインチェックのXEM流出事件では、何者かがサイバー攻撃を通じて同社のシステムに侵入して保管されていたXEMを外部ウォレットに送金し、匿名性の高い闇サイトとして知られるダークウェブ上で相場価格よりも15%ほど安い価格で他の暗号資産との交換を持ちかけていました。

報道によると、捜査当局は流出したXEMの動きを追跡することによってそれらのXEMが最終的に交換された暗号資産取引所を特定し、取引所で交換を行ったユーザーの登録情報から身元を特定するなどして約30人を摘発したとされています。約30人が逮捕・書類送検されたことは捜査関係者への取材で判明したとされており、不正交換の摘発総額は約200億円分に上るとされています。

報道では『3年の公訴時効が迫っているため、XEMを不正交換した人物に対する捜査は終了する』とされていますが、仮想通貨流出事件の首謀者は現在も特定できていないため、『首謀者特定のための捜査は電子計算機使用詐欺容疑などで今後も続けられる』と報じられています。

(参照:日本経済新聞ロイターNHK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

Trezor:ビットコイン取引を追跡困難にする「CoinJoin」の機能追加

Trezor:ビットコイン取引を追跡困難にする「CoinJoin」の機能追加

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

カルダノ基盤のラップドビットコイン「cBTC」がメインネットに登場:anetaBTC

カルダノ基盤のラップドビットコイン「cBTC」がメインネットに登場:anetaBTC

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

岸田首相:所信表明演説で「メタバース・NFT・Web3.0」について言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説