Enjin:ARプラットフォーム「MetaverseMe」と提携|ファッションNFTを拡張現実世界に

by BITTIMES

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)を開発しているブロックチェーンゲーム企業「Enjin」は2021年1月26日に、拡張現実(AR)プラットフォームである「MetaverseMe(メタバースミー)」と提携して、取引可能な拡張現実ファッションアセットをイーサリアムブロックチェーンに連携させることを発表しました。

こちらから読む:Ripple社、新たな集団訴訟に直面「暗号資産」関連ニュース

ファッションNFTが「MetaverseMe」内で利用可能に

Enjin(エンジン)は2021年1月26日に、拡張現実(AR)プラットフォームである「MetaverseMe(メタバースミー)」と提携して、取引可能な拡張現実ファッションアセットをイーサリアムブロックチェーンに連携させることを発表しました。

今回の提携によって、Enjinが発行するファッションアセットのNFTは2021年2月23日から「MetaverseMe」のアプリ内で利用可能となり、ユーザーアバターはそれらを着用することができるようになるとされています。

「MetaverseMe」アプリの利用者は自分自身を撮影した後にアプリを利用して"リアルなアバター"を生成することができ、拡張現実モードを使用すれば現実環境にアバターを設置してファッションNFTをよりリアルに楽しむことができるとされています。

また『ユーザーはファッションNFTを身につけたアバターを拡張現実で記録して、ソーシャルメディアを介してビデオを共有することもできる』とも説明されています。

MetaverseMeの創業者であるMartyn Hughes(マーティン・ヒューズ)氏と、EnjinのCEOであるMaxim Blagov(マキシム・ブラゴフ)氏は、今回の連携について次のようにコメントしています。

【MetaverseMe:Martyn Hughes氏】
ブロックチェーンがすべての没入型体験の価値のあるインターネットとして認識されるようになるまで、そう長くはかからないでしょう。取得したアセットがお気に入りのゲームやアプリ全てで利用できるようになると、デジタル経済に革命が起こります。

【Enjin:Maxim Blagov氏】
ブロックチェーンと拡張現実の2つのテクノロジーの融合は必然です。間もなく、あなたのリアルなアバターはインターネット全体で利用できるようになります。MetaverseMeのチームと協力し、これを実現できることを非常に嬉しく思います。

MetaverseMeが最初に取り入れたNFTは「Pluriform」だと報告されています。これはデジタル専門のデザインスタジオ「The Fabricant(ファブリカント)」が製作した限定版のデジタルファッションアイテムとなっており、「Enjin、MetaverseMe、The Fabricant、Atari」のパートナーシップによって実現したとされています。

「Pluriform」のNFTは2021年2月28日までに利用可能となる予定で、売れ残った分はNFTの希少性を担保するために販売期間終了後に破棄されると説明されています。ユーザーはこれらのNFTを「Minecraft、The Six Dragons、KickOff、Evolution」などの仮想現実世界に持ち込むことができるとされています。

>>「Enjin」の公式発表はこちら

2021年1月28日|エンジンコイン(ENJ)の価格

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)の価格は、コインチェックでの取り扱いが開始された先日26日に49円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年1月26日時点では「1ENJ=38.27円」で取引されています。

2020年12月29日〜2021年1月28日 ENJの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年12月29日〜2021年1月28日 ENJの価格チャート(画像:CoinGecko)

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

注目度の高い仮想通貨ニュース

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

BINANCE:XRP保有者に対する「Songbird(SGB)のエアドロップ」対応へ

BINANCE:XRP保有者に対する「Songbird(SGB)のエアドロップ」対応へ

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す