コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年9月9日に、同社が先日発表した「NFTマーケットプレイス」の事業において「Enjin Pte Ltd.」との連携を開始したことを発表しました。コインチェックはEnjinが提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行された大人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」で利用可能なNFTを「NFTマーケットプレイス」で取り扱うことを目指すと説明しています。

こちらから読む:Huobi Japan、取引所サービスで"XEM・XLM"取扱いへ「国内ニュース」

「Minecraftで利用可能なNFT」取扱いへ

Coincheck(コインチェック)は2020年8月27日に、ブロックチェーン技術を用いて発行される代替不可能なデジタル資産「NFT(Non-fungible token)」を暗号資産と交換することができる国内初の新サービス「NFTマーケットプレイス」を立ち上げる計画を発表しており、現在はNFTマーケットプレイスへの参加企業を募集しています。

今回の発表では、これらの取り組みの一貫としてシンガポールに本社を構える「Enjin Pte Ltd.」との連携を開始したことが報告されています。コインチェックは「Enjin Pte Ltd.」との連携を通じて、Enjinが提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行された大人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト/マイクラ)」で利用可能なNFTを「NFTマーケットプレイス」で取り扱うことを目指すと説明しています。

エンジン(Enjin/ENJ)は今年5月に、20万以上存在する「Minecraft」のサーバーとブロックチェーンの連携を可能にするプラグインである「EnjinCraft(エンジンクラフト)」をリリースしており、マインクラフトのゲーム内でNFTアイテムを使用したり、それらのNFTを外部のサービスで取引したりできる環境を構築していました。

コインチェックの「NFTマーケットプレイス」でこれらのNFTがサポートされることによって、コインチェックやマインクラフトの利用者は「Enjin Platform」を通じて発行されたマインクラフトのNFTをコインチェックで取引できるようになると期待されます。

「NFTマーケットプレイス」参加企業、現在も募集中

コインチェックが2020年内のサービス開始を予定している「NFTマーケットプレイス」では、ブロックチェーンゲームのゲーム内アイテムだけでなく、スポーツ選手のカード・美術品・不動産などといった様々な種類のNFTを取り扱うことが想定されています。

Coincheckは現在も「NFTマーケットプレイス」に参加する企業を募集しているため、今後はさらに多くの連携が発表され、NFTマーケットプレイスのサービスも充実していくことになると予想されます。

コインチェックは日本国内で最も多い種類の暗号資産を取り扱っており、仮想通貨取引以外のサービスも提供していますが、「NFTマーケットプレイス」の提供が開始されればさらに多くのデジタル資産が取引できるようになるため、今後のさらなる発表にも注目です。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

「NFTマーケットプレイス」の立ち上げを計画している暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

ブロックチェーンを活用して「無農薬栽培」を証明|有機農業発祥地 - 宮崎県綾町

ブロックチェーンを活用して「無農薬栽培」を証明|有機農業発祥地 - 宮崎県綾町

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す