OKEx「ライトニングネットワーク」統合へ|ビットコイン送金を高速・低コストに

by BITTIMES

グローバルに仮想通貨取引サービスを展開している大手暗号資産取引所「OKEx」は2021年2月2日に、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を素早く安い手数料で送金することができる技術である「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を取引所のシステムに統合することを発表しました。これによってOKExのユーザーはより速く、より安い手数料で少額のBTCを送金することができるようになります。

こちらから読む:マイアミ市長、BTCによる給料支払いなどを検討「暗号資産」関連ニュース

OKEx「ライトニングネットワーク」統合へ

OKEx(オーケーイーエックス)は2021年2月2日に、ビットコイン(BTC)を素早く安い手数料で送金することができる技術である「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を取引所のシステムに統合することを発表しました。

Lightning Network(ライトニングネットワーク)はビットコインが抱える「高額な取引手数料・送金時間の遅延・拡張性」などの問題を解決することを目的として2015年に提案された技術であり、"ビットコインの利便性を高めることができる重要技術"として以前から注目されています。

ビットコイン(BTC)を送金する場合には、時によって数千円〜数万円の取引手数料がかかる場合があり、送金が完了するまでの時間に関しても10分またはそれ以上の時間がかかるため、少額送金や即時送金を希望する場合にはこれらの問題がネックとなっていましたが、「Lightning Network」の技術を用いて送金すれば、ほぼゼロに近い手数料で瞬時にBTCを送金することが可能になります。

ビットコインエコシステムの開発を促進

OKExは公式発表の中で『ライトニングネットワークの統合は"最先端のビットコインテクノロジーを世界にもたらし、ビットコインエコシステムの開発を促進する"というOKExの目標を示すものだ』と説明しており、同社のCEOであるJay Hao氏は『私たちはユーザーの送金手数料と送金時間を削減するための方法を常に模索している。ライトニングネットワークのような技術を統合することによって、より競争力のあるサービスを提供することができる』と語っています。

ライトニングネットワークの統合は「次の四半期」に実施されると説明されており、これによってOKExの利用者はBTCの入出金を行う際に『Lightning Network』のオプションを選択することが可能になると伝えられています。

Lightning Networkの技術は数年前までは「ウォレットアプリ」や「ビットコイン決済サービス」などを中心に採用されていましたが、最近では大手暗号資産取引所でも採用され始めており、昨年12月には大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」も『2021年にライトニングネットワークを統合する』との発表を行っています。

>>「OKEx」の公式発表はこちら
>>「OKCoinJapan」の新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

ビットコイン(BTC)価格上昇「40万円」を突破|海外アナリストは下落の可能性を指摘

ビットコイン(BTC)価格上昇「40万円」を突破|海外アナリストは下落の可能性を指摘

注目度の高い仮想通貨ニュース

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG」取扱い開始

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す