コインチェック:The Sandboxの仮想空間の土地「LAND」を購入|NFT事業で販売へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2021年2月17日に、ブロックチェーン技術を基盤とした仮想空間でボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶことができるプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の仮想土地である「LAND」のNFTを取得したことを発表しました。

こちらから読む:ビットバンク、国内初の"バグ報奨金制度"開始「国内ニュース」

コインチェック「The Sandbox」のLANDを取得

Coincheck(コインチェック)は2021年2月17日に、ブロックチェーン技術を基盤とした仮想空間プラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の仮想空間の土地である「LAND」のNFTを取得したことを発表しました。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、ブロックチェーン技術を基盤としたユーザー主導のゲームプラットフォームであり、ユーザーは「Metaverse(メタバース)」と呼ばれる仮想空間の中でボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶことができるように設計されています。

The Sandboxはメタバースで以下4つのサービスを提供しています。

  1. VoxEdit:ボクセルアート制作エディター
  2. Game Maker:ゲーム制作エディター(コードエディター)
  3. マーケットプレイス:ASSETの取引所
  4. ゲーム環境:ゲームの開発、提供、収益化環境

今後は取得したLANDの一部を販売予定

The Sandboxシリーズはこれまでに全世界で4,000万ダウンロードを達成しており、2021年第1四半期にリリース予定の「The Sandbox:ブロックチェーンPC版」でも、NFTの販売により、更なる成功への大きな期待がよせられています。

コインチェックは2020年9月にNFTマーケットプレイス事業において「The Sandbox」との連携を開始していましたが、今後は今回取得したLANDの一部を販売することによって「The Sandbox」の魅力をユーザーに伝え、日本での利用拡大に貢献していくと説明しています。

The SandboxのCOOであるセバスチャン・ボジェット氏は今回の取り組みについて『日本のマーケットはThe Sandboxの最も重要なマーケットの一つ。日本の最大級の暗号資産取引所であるコインチェックとの取り組みは、これまでにないくらいワクワクしている』と語っています。

ブロックチェーンを活用した仮想空間上の土地は、今後の発展に期待が高まっており、最近では世界的に人気のブロックチェーン育成ゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」でNFTとして発行されている仮想空間上の土地が、日本円で約1億5,000万円に相当する「合計888.25ETH」で落札されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「The Sandbox」の公式サイトはこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す