コインチェック:The Sandboxの仮想空間の土地「LAND」を購入|NFT事業で販売へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2021年2月17日に、ブロックチェーン技術を基盤とした仮想空間でボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶことができるプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の仮想土地である「LAND」のNFTを取得したことを発表しました。

コインチェック「The Sandbox」のLANDを取得

Coincheck(コインチェック)は2021年2月17日に、ブロックチェーン技術を基盤とした仮想空間プラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の仮想空間の土地である「LAND」のNFTを取得したことを発表しました。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、ブロックチェーン技術を基盤としたユーザー主導のゲームプラットフォームであり、ユーザーは「Metaverse(メタバース)」と呼ばれる仮想空間の中でボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶことができるように設計されています。

The Sandboxはメタバースで以下4つのサービスを提供しています。

  1. VoxEdit:ボクセルアート制作エディター
  2. Game Maker:ゲーム制作エディター(コードエディター)
  3. マーケットプレイス:ASSETの取引所
  4. ゲーム環境:ゲームの開発、提供、収益化環境

今後は取得したLANDの一部を販売予定

The Sandboxシリーズはこれまでに全世界で4,000万ダウンロードを達成しており、2021年第1四半期にリリース予定の「The Sandbox:ブロックチェーンPC版」でも、NFTの販売により、更なる成功への大きな期待がよせられています。

コインチェックは2020年9月にNFTマーケットプレイス事業において「The Sandbox」との連携を開始していましたが、今後は今回取得したLANDの一部を販売することによって「The Sandbox」の魅力をユーザーに伝え、日本での利用拡大に貢献していくと説明しています。

The SandboxのCOOであるセバスチャン・ボジェット氏は今回の取り組みについて『日本のマーケットはThe Sandboxの最も重要なマーケットの一つ。日本の最大級の暗号資産取引所であるコインチェックとの取り組みは、これまでにないくらいワクワクしている』と語っています。

ブロックチェーンを活用した仮想空間上の土地は、今後の発展に期待が高まっており、最近では世界的に人気のブロックチェーン育成ゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」でNFTとして発行されている仮想空間上の土地が、日本円で約1億5,000万円に相当する「合計888.25ETH」で落札されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「The Sandbox」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円で付与する」と発表

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円で付与する」と発表

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ダイ(DAI)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ダイ(DAI)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す