Axie Infinityの土地NFT、歴史上最高額となる「150万ドル」で落札

by BITTIMES

世界的に人気のブロックチェーン育成ゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」でNon Fungible Token(NFT)として発行されている仮想空間上の土地が、日本円で約1億5,000万円に相当する「合計888.25ETH」で落札されたことが明らかになりました。このNFTを落札した人物であるTwitterユーザーの「@Its_Falcon_Time」氏は『私たちは現在"取消不可能な所有権を備えたデジタル国家の台頭"という歴史的な瞬間に直面している』と語っています。

こちらから読む:Mastercard、年内に仮想通貨を直接サポート「暗号資産」関連ニュース

NFTの歴史上最高額「150万ドル」で落札

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)は2021年2月9日に、Non Fungible Token(NFT)として発行されている仮想空間上の9つの区画が150万ドル(約1億5,000万円)に相当する「888.25ETH」で落札されたことを発表しました。

ゲームアート音楽などといった様々な分野で発行されているNFTは、世界的に注目を集めており、一部のNFTは数十万円〜数千万円で取引されていますが、今回の落札価格はNFTの歴史上最高額であると報告されています。

😱これは現実世界の話ですか?!

🎊NFTの歴史を築いてくれた「@Its_Falcon_Time」と「@seedphrase」に祝福を送ります。

9つのジェネシスプロットが888.25ETHで落札されました!これは、NFT販売史上最高額となる「150万ドル」に相当します。

今回落札された土地はゲーム内に220区画ほどしか存在しない希少性の高い土地となっており、これらの土地では今後のアップデートによってキャラクターの育成・繁殖や冒険・探索などを行うことができるようになる予定となっています。

デジタル空間の土地に150万ドルと投じた理由は?

このNFTを落札した人物であるTwitterユーザーの「@Its_Falcon_Time」氏は、その後ツイートで『デジタルの土地に150万ドルを費やした理由』として以下のような理由を挙げています。

  • 私たちは現在「取消不可能な所有権を備えたデジタル国家の台頭」という歴史的な瞬間に直面している
  • Axie Landは「娯楽的価値・社会的価値・経済的」を備えている
  • ジェネシスランドプロットは最も希少であるため、今回落札された9つの区画は将来のチャンスを最大化させる
  • Axieは2020年に「Axie保有者743%増加、月間アクティブユーザー3,063%増加、マーケットボリューム608%増加」という驚くべき成長を遂げている
  • Axie Landは今後メタバースをリリースするため、プレイヤーは「Axie Infinity」のアート資産を使用して、独自のゲームや体験を作成することができるようになる。
  • これには「フェスティバル・コンサート・スポーツイベント」など様々なものが含まれるが、土地はその掛け橋となるため可能性は無限大である

ブロックチェーン技術を活用した仮想空間プラットフォームは既に複数構築されており、仮想空間プラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」は「Square Enix(スクウェア・エニックス)」などの大手企業から支援を受けている他、ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」や「Axie Infinity・BINANCESocios.comCoinMarketCap」などといった様々な企業が実際に土地を購入しています。

現在はこのような仮想空間上の土地で様々なサービスやゲームの作成が進められているため、これらのサービスが正式に公開され始めれば、これらの土地のNFTの価値もさらに高まっていくことになると予想されます。

>>「Axie Infinity」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産「コールドウォレット」で安全に取引|機関投資家向けサービスを開始:BitGo

暗号資産「コールドウォレット」で安全に取引|機関投資家向けサービスを開始:BitGo

【速報】GMOコイン:暗号資産FXに「BAT・NEM・XLM」の3銘柄を追加

【速報】GMOコイン:暗号資産FXに「BAT・NEM・XLM」の3銘柄を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

SEGA(セガ)NFTコンテンツのグローバル展開に向け「double jump.tokyo」と提携

SEGA(セガ)NFTコンテンツのグローバル展開に向け「double jump.tokyo」と提携

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

カナダ・トロント証券取引所に「新たなビットコインETF」3iQ Coinshares Bitcoin ETF

カナダ・トロント証券取引所に「新たなビットコインETF」3iQ Coinshares Bitcoin ETF

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

Gemini:暗号資産の購入方法に「Apple Pay・Google Pay」を追加

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

コインベース:2022年に「サンフランシスコ旧本社」閉鎖へ|分散型会社運営に移行

コインベース:2022年に「サンフランシスコ旧本社」閉鎖へ|分散型会社運営に移行

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す