ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

by BITTIMES

ドバイで自由貿易エリアに指定されている「KIKLABB」が、ビットコイン・イーサリアム・テザーなどといった複数の暗号資産(仮想通貨)を支払い手段として受け入れ始めたことが「Gulf News」の報道で明らかになりました。アラブ首長国連邦(UAE)の政府機関が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であると報告されています。

こちらから読む:金融庁、暗号資産交換業社に2社を登録「暗号資産」関連ニュース

「BTC・ETH・USDT」などを決済手段として採用

ドバイで自由貿易エリアに指定されている「KIKLABB」が、ドバイの貿易ライセンスやビザ料金などといった様々なサービスの支払い手段として仮想通貨決済を受け入れ始めたことが「Gulf News」の報道で明らかになりました。アラブ首長国連邦(UAE)の政府機関が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であると報告されています。

「KIKLABB」はドバイ政府が所有するフリーゾーン(*1)であり、ライセンス・法的文書・ワークスペース・居住ビザ・医療保険・ビジネス用銀行口座支援・ビジネス関連サービスなどといった、ビジネスを立ち上げるために必要となるあらゆるサービスを提供しています。
(*1)フリーゾーン:外国企業を自国へ誘致する目的で、拠点進出に伴う法的・税制面での優遇措置を整備している経済特区のこと

報道によると「KIKLABB」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
などといった複数の暗号資産をサポートしているとのことで、『これによってクライアントはスマートフォンだけを使用して、暗号資産で貿易ライセンスの登録と支払いを行うことができる』と説明されています。

「仮想通貨は未来の決済手段」KIKLABB CEO

「KIKLABB」のCEOであるTasawar Ulhaq氏は『ブロックチェーン・フィンテック分野の複数の顧客の間で暗号資産への関心が高まっていたため、仮想通貨決済を採用するのは時間の問題だった』と述べており、『仮想通貨は未来の決済手段だ』とコメントしています。

KIKLABBコミュニティの一部であるブロックチェーン・フィンテック分野の複数の顧客の間でも仮想通貨への関心は高まっていたため、ビットコイン・イーサリアム・テザーを決済手段として認めるのは時間の問題でした。仮想通貨は未来の決済手段です。

私たちはUAEで仮想通貨決済を受け入れた最初の政府所有ライセンス機関となりましたが、おそらくこれは最初で最後の事例とはならないでしょう。これらのテクノロジーは中東地域全体で急速に勢いを増しているため、私はこのような技術が近い将来に私たちのビジネスのやり方をどのように変えていくのかを見たいと思っています。

仮想通貨決済の導入は「Tesla(テスラ)」や「Uber(ウーバー)」などといった複数の大手企業でも検討されていますが、最近ではアメリカ・フロリダ州マイアミで仮想通貨による納税が認められた他、スイスのツーク州でも仮想通貨による納税が可能になったと報告されているため、今後は政府機関などでも仮想通貨決済に対応する事例が増えていく可能性があると期待されます。

>>「Gulf News」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所CoinTrade「ADA・PLT・IOST」取扱いへ

暗号資産取引所CoinTrade「ADA・PLT・IOST」取扱いへ

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

スウェットコイン(SWEAT)「FTX・OKX・Bybit」など大手取引所5社に上場

スウェットコイン(SWEAT)「FTX・OKX・Bybit」など大手取引所5社に上場

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

DEA社:NFTトレーディングカードゲーム「神櫓-KAMIYAGURA-」開発開始

DEA社:NFTトレーディングカードゲーム「神櫓-KAMIYAGURA-」開発開始

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す