ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

by BITTIMES

ドバイで自由貿易エリアに指定されている「KIKLABB」が、ビットコイン・イーサリアム・テザーなどといった複数の暗号資産(仮想通貨)を支払い手段として受け入れ始めたことが「Gulf News」の報道で明らかになりました。アラブ首長国連邦(UAE)の政府機関が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であると報告されています。

こちらから読む:金融庁、暗号資産交換業社に2社を登録「暗号資産」関連ニュース

「BTC・ETH・USDT」などを決済手段として採用

ドバイで自由貿易エリアに指定されている「KIKLABB」が、ドバイの貿易ライセンスやビザ料金などといった様々なサービスの支払い手段として仮想通貨決済を受け入れ始めたことが「Gulf News」の報道で明らかになりました。アラブ首長国連邦(UAE)の政府機関が仮想通貨決済に対応するのは今回が初であると報告されています。

「KIKLABB」はドバイ政府が所有するフリーゾーン(*1)であり、ライセンス・法的文書・ワークスペース・居住ビザ・医療保険・ビジネス用銀行口座支援・ビジネス関連サービスなどといった、ビジネスを立ち上げるために必要となるあらゆるサービスを提供しています。
(*1)フリーゾーン:外国企業を自国へ誘致する目的で、拠点進出に伴う法的・税制面での優遇措置を整備している経済特区のこと

報道によると「KIKLABB」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
などといった複数の暗号資産をサポートしているとのことで、『これによってクライアントはスマートフォンだけを使用して、暗号資産で貿易ライセンスの登録と支払いを行うことができる』と説明されています。

「仮想通貨は未来の決済手段」KIKLABB CEO

「KIKLABB」のCEOであるTasawar Ulhaq氏は『ブロックチェーン・フィンテック分野の複数の顧客の間で暗号資産への関心が高まっていたため、仮想通貨決済を採用するのは時間の問題だった』と述べており、『仮想通貨は未来の決済手段だ』とコメントしています。

KIKLABBコミュニティの一部であるブロックチェーン・フィンテック分野の複数の顧客の間でも仮想通貨への関心は高まっていたため、ビットコイン・イーサリアム・テザーを決済手段として認めるのは時間の問題でした。仮想通貨は未来の決済手段です。

私たちはUAEで仮想通貨決済を受け入れた最初の政府所有ライセンス機関となりましたが、おそらくこれは最初で最後の事例とはならないでしょう。これらのテクノロジーは中東地域全体で急速に勢いを増しているため、私はこのような技術が近い将来に私たちのビジネスのやり方をどのように変えていくのかを見たいと思っています。

仮想通貨決済の導入は「Tesla(テスラ)」や「Uber(ウーバー)」などといった複数の大手企業でも検討されていますが、最近ではアメリカ・フロリダ州マイアミで仮想通貨による納税が認められた他、スイスのツーク州でも仮想通貨による納税が可能になったと報告されているため、今後は政府機関などでも仮想通貨決済に対応する事例が増えていく可能性があると期待されます。

>>「Gulf News」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

ブラジルの取引所Foxbitシステムのバグで72時間ダウン

ブラジルの取引所Foxbitシステムのバグで72時間ダウン

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

Zaif:XEM・MONAの取引で「1万円相当のカイカコイン」が当たるキャンペーン開催へ

Zaif:XEM・MONAの取引で「1万円相当のカイカコイン」が当たるキャンペーン開催へ

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す