コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

by BITTIMES   

コロナパンデミックが社会にもたらした変化

コロナパンデミックは、世の中を一変させました。各国が経済戦略を再編したのではなく、多くの人々が仕事を無くし、お金と経済に対する見方が変わったのです。

景気刺激策が世に広く喧伝されロックダウンが開始された後、人々はビットコインや金などの資産投資へ目を向けるようになりました。(https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-08-26/fearing-inflation-investors-hedge-with-gold-bitcoin-and-whisky

Overbit-PR-20210309

中でもミレニアル世代は、老後の生活に備えるために投資へ意識が向くようになりました。彼らの中には、2008年の不況に続き、2度目の大きな経済危機を経験している人もおり、インフレは真の脅威であり何百万ドルもの現金を世界経済に投入しても景気が回復するわけではないことを知っています。(https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52815357

投資が人々を惹きつけているのはインフレだけが原因ではありません。「ロビンフッド」のようなシンプルかつ初心者でも分かりやすい投資アプリの登場により、ミレニアル世代が手軽に投資が行えるようになったことも1つの要因です。テクノロジーは組織において大きな役割を果たしており、今後も急速に拡大していく傾向があります。後ほど詳しく説明します。

個人の資産クラスへの投資が容易な時代になったことは言うまでもありません。

コロナパンデミックはどのような影響を与えたのか?

コロナパンデミックは人々の財政に大きな影響をもたらし、貯蓄を崩して生活することを余儀なくされました。今まで稼いだお金は決して安全ではなくなり、法定通貨の価値が無くなってしまう危機が訪れています。この危機に面し、資金繰りや資産防衛の方法についての研究が数多く行われてきました。

株式市場が暴落し、一部の企業がいかに弱体化しているかが明らかになりました。すでに不振に陥っている企業は縮小・撤退を余儀なくされ、強い企業は長期化する経済回復に対処しなければなりませんでした。

今回のパンデミックにより、インフレによる価値の希薄化に強くデジタル化社会にも適合している仮想通貨は、多くの投資家を魅了しています。また、投資家は株式取引のような派手さはない金市場もリスクヘッジができることを知っており、より多くの関心を集めています。

つまり、お金や投資に対する人々の考え方に大きな変化が起きているのです。しかし、コロナパンデミックによって深刻な状況に追い込まれている世代が1つあるとすれば、それはミレニアル世代であり、それについての充分な証拠もあります。(https://www.fintechmagazine.com/payment-solutions/millennials-are-driving-bitcoin-economy#:~:text=10%20min%20read-,The%20Millennial%20generation%20is%20expected%20to%20lead%20humanity%20into%20an,compared%20to%20any%20other%20generation

この世代は、他の世代よりも仮想通貨に興味を持っています。

ここでは、パンデミックの影響で仮想通貨とデリバティブ市場の成長を牽引している要因に焦点を当てていきます。なぜ人々はかつてはおかしなことだと思っていた仮想通貨に関心を持ち始めたのでしょうか?

女性の市場参入が増加中

(Image credits: Grayscale Investments)(Image credits: Grayscale Investments)

2020年は『仮想通貨市場に投資する女性の数が大幅に増加している』という重要な傾向をもたらしました。

大手仮想通貨投資企業「グレースケール」のレポートによると、ビットコインに興味を持っている投資家の43%が女性であることが示されており、昨年よりも13%増加しています。(https://grayscale.co/wp-content/uploads/2019/12/Bitcoin_Female_Investors.pdf

今までビットコインの投資家や利用者の多くは若い世代の男性であったため、これは仮想通貨市場の重要な要素となるでしょう。多くの 女性が仮想通貨市場に参入しているという事実は、ビットコインは安全な避難資産という認識になっているということです。

彼女たちにビットコインに投資した理由を聞くと『ビットコインは成長の可能性を秘めていると信じていたから』と答えています。いずれにしても、ビットコインが女性の間で人気のものとなっているのであれば、それはビットコインが主流になってきていることの表れでしょう。

なぜ人々が仮想通貨に興味を持ち始めたのか?

ではなぜ、人々は他の資産クラスよりも明らかに変動性の高い仮想通貨を使用しているのでしょうか?

ブロックチェーン技術と仮想通貨は多くの点から賞賛されてきました。それは、市場での短期・中期的なパフォーマンスだけが理由ではなく、ほとんどの人がヘッジとして長期的価値を期待して保有しているからです。

ビットコインを頻繁購買している人数は、売らずに保持し続けている人数より遥かに少ないのです。これこそが、仮想通貨の市場拡大の背景にある大きな要因です。

リスクヘッジによる安全第一主義

インフレ率の上昇、マイナス金利、景気刺激策などにより人々が貯金をすることは、相対的に資産価値を下げてしまうと感じているのは明らかとなっており、自分が今持っている資産が将来まで残っている保障はないと感じています。

Overbit-PR-20210309

一部の仮想通貨否定論者もいますが、ビットコインは10年間S&P500のパフォーマンスを上回っており、それが人々の仮想通貨への投資に拍車をかけています。(https:// bitcoinist.com/how-bitcoin-outperformed-both-the-sp-500-and-nasdaq-in-first-half-2020/

自分のポートフォリオを多様化することは何も悪いことではありませんし、仮想通貨は他の金融商品とは相関しないこともよくあります。これが、より多くの投資家を惹きつける最大の要因となっています。

ハイリターンの可能性

仮想通貨は他の投資と比べて特に高いリターンの可能性があるということが、投資家を魅了しているという事実があります。

適切な運用をすれば確かに儲かるのは事実ですし、不安定な価格相場で損失を被ることもありますが、むしろそれを利用したいと思っている投資家もいます。それは悪いことではないですが、貪欲になるほど損をする可能性は高くなります。

一般的には仮想通貨は上昇傾向にあるため、デリバティブトレーダーは暗号資産の信用取引を行い、レバレッジによって短・中期的に大きな利益を得ようとしています。

一部の取引所では、急激な値動きによって大切な資産を失わないようにトレーダーに警告している所もあります。

テクノロジー

テクノロジーについてはあまり議論されていませんが、仮想通貨への資産流入の重要な要因であることに間違いありません。

複数のシステムを一元化できるアプリが数多く登場し、技術に精通したミレニアル世代が携帯電話で投資を始められるようになりました。

多くのコンテンツ制作者が投資に関する情報を発信するプラットフォームを提供しています。コード決済の統合や加盟店との連携により、仮想通貨が現金として利用できることがより現実的になりました。

テクノロジーの進化は、今後さらに仮想通貨の流動性を上げるでしょう。また、仮想通貨ユーザーは投資で利益を得るだけでなく、「Overbit」が提供しているようなアフィリエイトプログラムでも紹介報酬を得ることができます。

結論

もちろん他の要因もありますが、これらが仮想通貨への資金流入の最大の要因となっています。コロナパンデミックは、すでに存在していた問題を浮き彫りにしただけです。

各国は経済政策を見直さなければならなかったですし、個人は自分たちの資産を自ら増やしていかなければなりません。今後は、特に仮想通貨市場への投資は益々増えていきます。全く投資をしないよりも、適切な資産を仮想通貨で運用し、ポートフォリオを分散させた方がいいでしょう。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

「ブレイクアウトの可能性は非常に高い」著名アナリストのBTC・ETH価格予想

「ブレイクアウトの可能性は非常に高い」著名アナリストのBTC・ETH価格予想

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「クレイトン(KLAY)の上場」を発表|取扱う暗号資産は合計34銘柄に

OKCoinJapan「クレイトン(KLAY)の上場」を発表|取扱う暗号資産は合計34銘柄に

【開催期間延長】SBI VCトレード:ビットコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

【開催期間延長】SBI VCトレード:ビットコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

銀行で資産を保管しながら仮想通貨取引|BINANCEが機関投資家向け新サービス

銀行で資産を保管しながら仮想通貨取引|BINANCEが機関投資家向け新サービス

シバイヌ(SHIB)慈善団体「マニー・パッキャオ財団」と提携|NFT無料配布も実施

シバイヌ(SHIB)慈善団体「マニー・パッキャオ財団」と提携|NFT無料配布も実施

XのWeb3拡張機能を提供する「Inspect」カルダノ(ADA)とのコラボを発表

XのWeb3拡張機能を提供する「Inspect」カルダノ(ADA)とのコラボを発表

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

日本国内で「USDC」の普及促進|SBIホールディングスが米Circle社と協力

日本国内で「USDC」の普及促進|SBIホールディングスが米Circle社と協力

カルダノ:パートナーチェーンで「Substrate」を採用|Polkadot連携などで期待感

カルダノ:パートナーチェーンで「Substrate」を採用|Polkadot連携などで期待感

現物ビットコインETF「噂で買って、ニュースで買え」米投資ファンドPantera Capital

現物ビットコインETF「噂で買って、ニュースで買え」米投資ファンドPantera Capital

150万ドルを調達したミームネイター|2023年後半に注目される新たな仮想通貨銘柄である理由を示す

150万ドルを調達したミームネイター|2023年後半に注目される新たな仮想通貨銘柄である理由を示す

リップル社:進化した国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表

リップル社:進化した国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す