コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、マネックスグループからの出資を受け入れ、マネックスG傘下で経営改善を進める方針を固めたことが日本経済新聞の報道により明らかになりました。

現在の経営陣は不正流出の責任をとって退任するとも報じられており、新社長にはマネックスGの勝屋敏彦最高執行責任者(COO)が就くことで、信用回復を目指すとされています。

2017年までマネックスGの子会社であるマネックス証券の社長を務めた、勝屋敏彦氏の豊富なネット事業の経験を活かし、経営立て直しを図ります。

出資の方法については、現在詳細を詰めており、出資金額は数十億円となることが予想されています。

(参照:日本経済新聞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

金融庁、各取引所の立ち入り調査を週明けから本格的に開始

金融庁、各取引所の立ち入り調査を週明けから本格的に開始

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

【速報】コインチェックが流出したNEMの補償について発表

【速報】コインチェックが流出したNEMの補償について発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月4日〜10日

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す