【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年3月26日に、Cardanoブロックチェーンのスマートコントラクト機能導入に向けた今後の計画を明らかにしました。報告によると、スマートコントラクト機能のメインネット実装は2021年7月頃になる予定だとされています。

こちらから読む:Fidelity、ビットコインETFを申請「暗号資産」関連ニュース

スマートコントラクト機能「2021年7月頃」に実装予定

Input Output(IOG)は2021年3月26日に、Cardanoブロックチェーンのスマートコントラクト機能導入に向けた今後の計画を明らかにしました。

Cardanoプロジェクトでは現在「Goguen(ゴーグエン)」と呼ばれる開発段階の作業が進められており、今年3月には"マルチアセット機能"などを導入する「Mary(メアリー)」のメインネット実装が完了したことが報告されていましたが、今回は"スマートコントラクト機能"の導入に向けた「Alonzo(アロンゾ)」と呼ばれる段階の開発計画が公開されています。

Cardanoスマートコントラクト:今夜の「Cardano360」でカルダノのスマートコントラクト機能公開に向けた計画を共有しました。チャールズ・ホスキンソン氏によるAlonzoロードマップの詳細は次の通りです。今後1週間を通して今回共有した内容の切り抜きをさらにお届けして行きますので、カルダノにご期待ください。

報告によると、スマートコントラクト機能のメインネット実装は2021年7月頃になる予定だとされていますが、スマートコントラクトはテストネット時点でも構築することが可能であるため、『テストネット段階でスマートコントラクトの構築が進めば、7月のメインネット実装後すぐにカルダノ基盤の分散型アプリケーション(DApps)を利用できる可能性がある』とも報告されています。

既存のDAppsでは基盤となるブロックチェーンの問題などによって、取引の遅延・取引手数料高騰などといった複数の問題が発生していましたが、Cardanoブロックチェーンは「高速な取引処理・高い拡張性・安い取引手数料」などといった特徴を有しているため、Cardanoブロックチェーン上でDAppsが構築可能になればより快適な環境でDAppsを利用することができるようになると期待されます。

カルダノの「NFTマーケットプレイス」にも期待?

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2021年3月25日に『複数の代表的なNFT関連プラットフォームと交渉を行なっている』ということも明かしています。

Non-Fungible Token(NFT)の多くは現在イーサリアムの技術を用いて発行されていますが、ホスキンソン氏は現在「そのようなNFT関連プラットフォームをCardanoに移植すること」についての議論を進めていると報告されているため、将来的には"既存の有名なNFT関連サービスのカルダノ版"がリリース可能性もあるとも期待されています。

カルダノはCardano関連プロジェクト・アイデアへの資金提供プログラムである「Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)」も展開していますが、『これまでに6つのNFTマーケットプレイスが資金提供の申請を行なっている』とも報告されているため、そのような動きも活発化していく可能性があると予想されます。

2021年3月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月18日に160円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年3月26日時点では「1ADA=122.06円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年12月26日〜2021年3月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月26日〜2021年3月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す