Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

by BITTIMES   

Microsoft(マイクロソフト)は2021年3月25日に、ビットコインのブロックチェーンを基盤とした分散型IDネットワーク「ION」をビットコインのメインネット上で正式稼働したことを発表しました。MicrosoftはIONの分散型ID技術の普及を促進するために、同社が準備した「IONノード」なども公開しています。

分散型IDネットワーク「ION」正式稼働

Microsoft(マイクロソフト)は2021年3月25日に、ビットコインのブロックチェーンを基盤とした分散型IDネットワーク「アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク(Identity Overlay Network/ION)」をビットコインのメインネット上で正式稼働したことを発表しました。

IONはビットコインのブロックチェーンを用いて構築された分散型IDネットワークであり、メールアドレス・パスワード・携帯電話番号などと行った個人識別情報を暗号化してデジタルIDを生成し、ユーザー自身が公開鍵と秘密鍵を用いて自分のIDをブロックチェーン上で所有・管理できるように設計されています。

この分散型IDネットワークは「分散型アイデンティティ財団(DIF)」との協力によって数年前から開発が続けられていたものであり、開発には以下のような複数の有名企業が協力していると報告されています。

分散型IDネットワーク「ION」について

ION-Logo

IONは分散型アイデンティティ財団(DIF)が開発した分散型ID用のオープンソースプロトコル「Sidetree」を使用したセカンドレイヤーのパーミッションレス型ネットワークであり、特別なトークン・信頼できるバリデーター・追加のコンセンサスメカニズムなどを必要とせずに、電子メール・ソーシャルメディアのログイン作業などを安全に効率化できると期待されています。

IONを使用して電子メールやソーシャルメディアにログインする場合には『IONアカウントで分散型IDに署名することによってアカウントを所有していることを証明できる』と伝えられています。

IDに関連付けられている個人データ(名前・年齢など)は、サービスに応じてオフチェーンで保存される仕組みになっており、IONのIDは「InterPlanetary File System(IPFS)」のプロトコルを使用してビットコインのブロックチェーンに固定、IONノードは1回のトランザクションで最大10,000のID要求を処理できるとも説明されています。

また、IONの分散型IDは"所有者のみ"が無効化することができるようになっているため、個人が自分自身のデータを管理して、それらのデータの権利を取り戻すことができると期待されています。

誰でも実行可能な「IONノード」も公開

Microsoft(マイクロソフト)はIONの分散型ID技術の普及を促進するために、同社が準備した「IONノード」も公開しています。IONはオープンかつ使用許可を必要しないシステムであるため、『誰でもIONノードを立ち上げることができ、稼働するノードが多いほどネットワークは強力になる』と説明されています。

また、開発者がウォレット・分散型アプリ・認証サービスなどにIONの分散型ID技術を統合するための「オープンソースライブラリ」も提供するとされており、それらの詳細は「公式発表ページ」や「ION公式サイト」などに記載されています。

ここ最近では世界中でデジタル化が進むにつれて「個人情報漏洩」や「プライバシー侵害」などの問題が重要となってきていますが、IONのような分散型IDは企業・団体などに依存せずに個人が自分の情報を自分自身で管理できる仕組みとなっているため、今後はこのような分散型IDの技術が重要な解決策になると期待されています。

>>「Microsoft」の公式発表はこちら
>>「ION」の公式サイトはこちら
>>「ION」のGitHubページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

ブロックチェーン・ファンタジーサッカーゲーム「Sorare」提携チームが合計30に到達

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

コインチェック:NFT事業で「Game8(ゲームエイト)」と連携|NFT活用支援・情報発信を実施

コインチェック:NFT事業で「Game8(ゲームエイト)」と連携|NFT活用支援・情報発信を実施

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

投資家が6月に購入を検討している5つのアルトコインとは?

投資家が6月に購入を検討している5つのアルトコインとは?

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

バイデン陣営:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付受け入れ」を検討=報道

バイデン陣営:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付受け入れ」を検討=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す