ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)ハードウェアウォレットの大手メーカーである「Ledger(レジャー)」が、「Apple Music」で幹部を務めていた経歴を持つParker Todd Brooks(パーカー・トッド・ブルックス)氏を同社のNon-Fungible Token(NFT)部門に迎えたことが明らかになりました。

こちらから読む:メルカリ、"仮想通貨関連子会社"設立へ「暗号資産」関連ニュース

NFT部門に「Apple Music元幹部」を起用

暗号資産をより安全に保管できるハードウェアウォレットを販売している「Ledger(レジャー)」が、「Apple Music」で幹部を務めていた経歴を持つParker Todd Brooks(パーカー・トッド・ブルックス)氏を同社のNon-Fungible Token(NFT)部門に迎えたことが複数の報道で明らかになりました。

Parker Todd Brooks(パーカー・トッド・ブルックス)氏は元々音楽配信サービス会社である「Beats Music(ビーツ ・ミュージック)」に所属していたものの、2014年に同社がApple社に買収されたことによってApple社に移籍、その後は「Apple Music」のダンス&エレクトロニックアーティストリレーションズで責任者を務めていたとされています。

Ledger社では「NFT担当バイスプレジデント」として"アーティストがデジタル作品を展示・管理し、安全に保管するためのプロセスを簡単にする"役割を担っているとのことで、プラットフォームとアートコミュニティの橋渡しやNFT製品の開発を担当することになると報告されています。

「便利かつシンプルで美しい製品」を作成

Ledger社のCEOであるIan Rogers(イアン・ロジャース)氏は、Ledgerは既に100以上のブロックチェーンに対応しているため、NFTは目新しいことではないものの、NFTの人気が高まるにつれて『LedgerLiveのNFT関連機能を改善して欲しい』という要望が強まっていたと説明しています。

具体的にどのような改善が行われるかについては明らかにされていないものの、ブルックス氏は『自分のキャリアをアーティストコミュニティに貢献することに費やしてきた。NFTを使用することで、アートと音楽の作成、サンプリング、管理の方法を再考することになると同時に、インターネットに接続されたデバイスにNFTを保存することによるセキュリティ問題に対処する必要も出てくる』と述べており、『便利でありながらシンプルで美しい製品を作成する』と語っていると報告されています。

Non-Fungible Token(NFT)はここ最近で急速に注目を集めており、世界中の様々な分野の有名アーティストがNFT形式で作品をリリースし始めているため、自分自身で安全に暗号資産を保管することができる「Ledger」などで簡単かつシンプルにNFTを保管できるようになれば、NFT市場全体の成長・発展にもつながると期待されます。

ledgerの画像 Ledger関連製品の購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

注目度の高い仮想通貨ニュース

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

Sorare「サッカーフランス代表チームのNFT選手カード」発行へ

Sorare「サッカーフランス代表チームのNFT選手カード」発行へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す