【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

by BITTIMES

Anique(アニーク)は2021年3月26日に、版権やIP(知的財産)を用いたライセンスビジネスを展開するコンテンツホルダー向けに、開発不要でブロックチェーンベースのデジタルコレクションサービスを立ち上げる「Collection」のベータ版を提供開始することを発表しました。

こちらから読む:日本銀行、中央銀行デジタル通貨の連絡協議会を設置「国内ニュース」

Anique「Collection(ベータ版)」提供へ

Anique(アニーク)は2021年3月26日に、版権やIP(知的財産)を用いたライセンスビジネスを展開するコンテンツホルダー向けに、開発不要でブロックチェーンベースのデジタルコレクションサービスを立ち上げる「Collection」のベータ版を提供開始することを発表しました。

Aniqueはブロックチェーン技術を活用してアニメ・マンガ・ゲームなどの知的財産をNon-Fungible Token(NFT)形式のデジタルアートにする取り組みや、WebGLを用いたオンライン展覧会を開発している企業であり、これまでには「講談社、集英社、KADOKAWA、東映アニメーション、MAPPA、Production IG、NBCUniversal Entertainment Japan」をはじめとする日本の主要なコンテンツホルダー20社以上と協業した実績を有しています。

ここ最近では知的財産にブロックチェーン技術を活用する事例が世界的に増加してきており、様々な分野で知的財産を活用したNFTが発行されていますが、この市場はまだ黎明期であるため「技術的な難しさ」や「人材不足」などの参入障壁がありました。

Anique(アニーク)はこのような状況の中で、版権ビジネスを行う事業者が"開発不要"で知的財産を用いたブロックチェーン・デジタルコレクションサービスを立ち上げられるようにするために「Collection」のサービスを立ち上げたと説明しています。

Collection(コレクション)とは?

(画像:Anique)(画像:Anique)

Collection(コレクション)は、版権ビジネスを行う事業者様を対象とした、ブロックチェーンをもちいたデジタルコレクションサービスの立ち上げを実現するサービスであり、『エンドユーザー向けのデジタルアイテムの販売UIや決済機能、ユーザー同士でのデジタルアイテムの取引、分析ツール、版権ライセンス管理までをオールインワンで提供する』と説明されています。

エンドユーザーはそれらのデジタルアイテムをコレクションして自分の3Dギャラリーに展示することができるようになっており、ブロックチェーンは世界的に有名なブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs(ダッパーラボ)」が開発した「Flowブロックチェーン」が採用されているため、将来的には外部のマーケットプレイスやスマートコントラクトと接続して展開することも可能だとされています。

Flow(フロー)は従来のブロックチェーンで問題視されていた拡張性・取引速度・取引手数料などの問題を解決できる開発者にも優しいブロックチェーンとなっているため、今後NFTやデジタルアイテムへの注目度がさらに高まって、取引が活発化した場合でも、スムーズに取引することができると期待されます。

Collection(コレクション)の特徴

Collection(コレクション)の特徴としては以下4つの特徴が挙げられています。

グローバル市場への展開

市場としてNFTプロダクトが最も盛り上がりを見せている米国を始めとした英語圏を中心に、「Netflix」や「AmazonPrimeVideo」などの動画配信サービスによって、海外でも視聴者数が増えている日本のIP(知的財産)のさらなる価値化と収益化に貢献する。

マーケットプレイス組み込み・二次流通の手数料設定も可能

エンドユーザー同士でデジタルコレクションの二次流通を行えるマーケットプレイス機能が標準で備わっている。また、二次流通成立時に手数料を取得することも可能。

法定通貨・ 暗号通貨決済に対応

エンドユーザーは、クレジットカード決済でNFTを購入することができる。また、将来的にはEthereumやFlowなどの暗号通貨での決済機能にも対応予定。

版権ごとの特典を設定可能

デジタルアイテムをただコレクションするだけでなく、版権事業者様がアイテムごとに画像・動画・グッズ特典を設定することによって、より収集する価値のあるコレクションをエンドユーザー向けに提供する。

>>「Anique」の発表はこちら
>>「Anique」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

Chiliz&Socios:過去最多「合計12のNHL所属アイスホッケーチーム」と連続提携

Chiliz&Socios:過去最多「合計12のNHL所属アイスホッケーチーム」と連続提携

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Zaif:1,500円相当のCICCが当たる「コイン積立リニューアル記念キャンペーン」開始

Zaif:1,500円相当のCICCが当たる「コイン積立リニューアル記念キャンペーン」開始

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

GMOコイン:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

DMMビットコイン「CHZ・AVAXの取扱開始日・対象サービス」などを発表

DMMビットコイン「CHZ・AVAXの取扱開始日・対象サービス」などを発表

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

暗号資産の取引情報、世界各国で共有へ「課税逃れ防止」に向け枠組み構築=日経報道

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

アスター(ASTR)本格的にアメリカ進出|米暗号資産取引所「Binance US」に上場

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す