ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

by BITTIMES

Filecoin Foundation(ファイルコイン財団)は2021年4月1日に、WWW・マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスとして有名な「Wayback Machine(ウェイバックマシン)」を運営している非営利団体である「Internet Archive(インターネットアーカイブ)」に約10億円相当のファイルコイン(Filecoin/FIL)を寄付したことを発表しました。

こちらから読む:フィギュア大手Funko、NFT市場に参入「暗号資産」関連ニュース

インターネットアーカイブの活動を支援

Filecoin Foundation(ファイルコイン財団)は2021年4月1日に『Internet Archive(インターネットアーカイブ)に50,000FILを寄付したこと』を発表しました。ファイルコイン(FIL)の価格は記事執筆時点で約21,000円となっているため、50,000FILは約10億円に相当します。

Internet Archive(インターネットアーカイブ)は、様々なデジタル情報の収集や情報のデジタル化を行い、アーカイブしている非営利団体であり、WWW・マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスとして有名な「Wayback Machine(ウェイバックマシン)」を運営しています。

Filecoin財団の公式発表によると、今回の寄付は『すべての知識への普遍的なアクセスを提供すること』を使命としているインターネットアーカイブの取り組みを促進するためのものであり、寄付金は「書籍・データ・Webページ・音楽・ソフトウェア」などといったインターネットアーカイブのオンラインライブラリを強化するために役立てられると説明されています。

また、今回の寄付に合わせてインターネットアーカイブの創設者であるBrewster Kahle(ブリュースター・ケール)氏と、パートナーシップ部門の責任者であるWendy Hanamura(ウェンディ・ハナムラ)氏が「ファイルコイン財団の顧問委員会」と、分散型WEBおよびWEB3プロトコルの成長を促進することを目的とした非営利組織である「Filecoin Foundation for the Decentralized Web(FFDW)」に参加したとも報告されています。

Brewster Kahle(ブリュースター・ケール)氏は公式発表の中で『Filecoinのようなテクノロジーがストレージ市場に革命をもたらし、ストレージを分散化することを願っている』とコメントしています。

図書館では常に「バビロニア時代のシュメール人が発明した楔形文字、パピルス紙、マイクロフィルム」などといった当時のテクノロジーが使用されてきました。現代のインターネットアーカイブはハードドライブ上に構築されています。

Filecoinのようなテクノロジーがストレージ市場に革命をもたらしてストレージを分散化することを願っており、志を同じくするアプローチを共有する組織と協力できることに興奮しています。

世界中の様々な大手企業からも支持されている「ファイルコイン(Filecoin/FIL)」は、ここ最近で急速に成長してきており、先日は暗号資産の時価総額ランキングでTOP10にランクインしたことなども報告されています。

>>「ファイルコイン財団」の公式発表はこちら

2021年4月4日|ファイルコイン(FIL)の価格

ファイルコイン(Filecoin/FIL)の価格は今月1日に26,000円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年4月4日時点では「1FIL=21,050円」で取引されています。

>>FILを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年3月21日〜2021年4月4日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)2021年3月21日〜2021年4月4日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す