【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年4月12日に、トークン化された株式に最小ロット1/100単位で少額から投資することができる新サービス「Binance Stock Tokens」を開始したことを発表しました。最初は「テスラ(Tesla/TSLA)」の株式トークンから提供が開始されています。

こちらから読む:金持ち父さん著者、BTC価格"1億円超え"を予想「暗号資産」関連ニュース

「Binance Stock Tokens」とは

BINANCE(バイナンス)が提供する「Binance Stock Tokens」は、トークン化された株式を取引手数料なしで少額から取引することができるサービスとなっています。

「Binance Stock Tokens」で発行される株式トークンは"実際の株式"と交換することはできないものの、各株式トークンの価格は「1トークン=1株の価格」に連動する仕組みとなっており、最小ロット1/100単位で購入することができるため、大手企業の株式に少額から投資して、価格変動による利益を狙うことができるようになっています。

発行される株式トークンはドイツの規制に準拠した資産管理会社「CM-EquityAG」が保有する株式によって完全に裏付けられているとのことで、CM-EquityAGは取得した株式を第三者の証券会社に委託して保管していると説明されています。

このサービスは「レベル2の本人確認手続き」を完了したユーザーが利用できるようになっており、株式トークンはBINANCEが提供する米ドルの価格に連動したステーブルコイン「バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)」で取引することができるとされています。

ただし『中国本土・トルコ・米国、およびその他の制限された管轄区域のユーザーは、株式トークンを取引することを禁じられている』とも説明されており、株式トークンの取引時間は『株式市場と同じ時間帯のみ』とされています。

「テスラ(Tesla/TSLA)」の取引から提供開始

Binance Stock Tokensでは最初に「テスラ(Tesla/TSLA)」の株式トークンが提供開始されているため、現在は「TSLA/BUSD」の取引ペアが提供されています。

現在取引可能な株式トークンは「TSLA」のみとなっているものの、需要が高ければ提供する株式トークンの種類も拡大していく予定だと報告されているため、今後の新たなトークン追加にも注目です。

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『株式トークンが伝統市場と仮想通貨市場を繋ぐ架け橋となり、より包括的な金融の未来をもたらす』と語っています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「Stock Tokens」の詳細はこちら
>>「Stock Tokens」のページはこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

オンラインクレーンゲームで「匂い・香りのNFT」取扱いへ:BOUNTY HUNTERS

オンラインクレーンゲームで「匂い・香りのNFT」取扱いへ:BOUNTY HUNTERS

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す