Fidelity:機関投資家向け暗号資産データ分析ソリューション「シャーロック」を発表

by BITTIMES   

米国の大手資産運用会社である「Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)」は2021年4月29日に、機関投資家向けの新しいデジタル資産分析ソリューションである「Sherlock(シャーロック)」を発表しました。

「投資決定に役立つ様々な情報」をまとめて提供

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は2021年4月29日に、機関投資家向けの新しいデジタル資産分析ソリューションである「Sherlock(シャーロック)」を発表しました。

Sherlock(シャーロック)は機関投資家やファンドマネージャーが仮想通貨・暗号資産・デジタル資産関連の情報を収集するのに役立つデータ分析ソリューションとなっており、「開発エコシステム、ネットワークの活動状況、ソーシャルメディアの活動状況、ニュース、ファンダメンタル分析、テクニカル分析、市場データ、ブロックチェーンデータ」などといった投資決定のための様々な情報を1つの場所で確認できるようになっていると報告されています。

また「Sherlock」には、主要な機関投資家データプロバイダーのデジタル資産調査に関する基本的・技術的データなども含まれるとされており『Sherlockは、機関投資家がデジタル資産をより効率的に調査するのに役立つ』と説明されています。

フィデリティ応用技術センター(FCAT)のプロダクトマネジメント担当副社長であるKevin Vora(ケビン・ボーラ)氏は『デジタル資産市場は急速に成熟しているが、機関投資家からは"包括的でアクセス可能なデータソリューションが必要である"との声が出ている』と語っています。

過去数年間で、デジタル資産のデータ領域が驚異的な成長を遂げているのを目の当たりにしました。市場は急速に成熟していますが、機関投資家からは『包括的でアクセス可能なデータソリューションが依然として必要である』との声を聞いています。

「Sherlock」はそのような要望に応えるためのものであり、堅牢で洞察に満ちたデータセットと非常に直感的なツールを組み合わせて、クライアントがデータを元にしてデジタル資産投資の決定を下せるようにしています。

仮想通貨・デジタル資産のデータ分析ソリューションは「Skew、Glassnode、Messari、Dune Analytics、Cryptoquant」などと複数の企業から提供されているため、今回発表された「Sherlock」はこのような既存のソリューションと競合することになると予想されますが、仮想通貨市場を詳しく分析するためのソリューションが充実するにつれて、機関投資家の参入がさらに促進されるとも期待されています。

>>「Fidelity Investments」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す