米ワイン醸造所「Cardano Estates」ADA決済に対応

by BITTIMES

アメリカ・カリフォルニア州ナパバレーに本拠地を構えるワイン醸造所「Cardano Estates Winery(カルダノ・エステート・ワイナリー)」が、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)による支払いを受け入れていることが明らかになりました。SNS上では『ADA価格が2ドルに到達したことを"Cardano Estates"のワインで祝っている』といった報告も行われています。

こちらから読む:価格上昇続くADA、"2ドル台"に突入「暗号資産」関連ニュース

Cardano Estates「ADA決済」に対応

アメリカカリフォルニア州ナパバレーに本拠地を構えるワイン醸造所「Cardano Estates(カルダノ・エステート)」が、Cardanoブロックチェーンの仮想通貨ADAによる支払いを受け入れていることが明らかになりました。

「Cardano Estates」は2021年4月22日のツイートで『ADA決済を受け入れていること』を報告しており、2021年5月5日にはTwitterユーザーである「KDog(@KDog77435942)」氏が実際にADA決済でカルダノ・エステートのワインを購入したことを報告しています。

全てのADAファンの皆様は、ワインの購入でADAを使用することができます!!❤️🍷❤️🚀🚀

ADA決済で「Cardano Reserve Cabernet」をケース買いしました😎😎😎

素晴らしいワインを届けてくれた「Cardano Estates」、そのワインを実際に飲んで報告してくれた「チャールズ」、このワインがどこで購入できるかを教えてくれた「クリス」に感謝します。

「ADA価格上昇をワインで祝った」との報告も

「Cardano Estates」には『Cardano』の名前が含まれていますが、この名前は同社所有者の祖父であるMartin Garzoli氏がナパバレーに移住する前に住んでいたイタリアの町『Cardano Al Campo(カルダーノ・アル・カンポ)』に由来するものであり、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトである「Cardano(ADA)」との直接的な関係は無いと伝えられています。

しかし「Cardano Estates」のワインはカルダノコミュニティの間でも注目を集めており、『ADA価格が2ドルに到達したことを"Cardano Estates"のワインで祝っている』といった報告も行われています。

仮想通貨ADAは決済手段としても採用され始めてきており、先月末にはカリフォルニア州の都市フレズノにあるピザチェーン店「Papa Murphy’s(パパ・マーフィーズ)」がADA決済に対応したことなども報告されているため、今後はADAを決済手段として採用する店舗・企業も増えていく可能性があると期待されます。

なお「Cardano Estates」のオンラインショップでは記事執筆時点で3種類のワインが販売されており、ワインの価格は「65ドル〜300ドル(約7,100円〜32,800円)」となっています。

>>「Cardano Estates」の公式サイトはこちら

2021年5月15日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は仮想通貨市場で下落傾向が続いている一方で上昇を続けており、2021年5月15日時点では「1ADA=228.05円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年4月15日〜2021年5月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年4月15日〜2021年5月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

ネットマーブル「Klaytn Foundation」との戦略的パートナーシップを締結

ネットマーブル「Klaytn Foundation」との戦略的パートナーシップを締結

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

注目度の高い仮想通貨ニュース

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す