カルダノ(ADA)価格「2ドル」突破|地球環境に優しい省エネ通貨としても高評価

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格は2021年5月15日に、過去最高値をさらに更新して「1ADA=2ドル(約218円)」のラインを突破しました。主要な暗号資産の多くは価格の下落・停滞が続いていますが、ADA価格は順調に上昇し続けており、最近では『高性能で地球環境にも優しいブロックチェーン技術』という点でも評価されています。

こちらから読む:世界初、"サッカー代表チームのトークン"発行へ「暗号資産」関連ニュース

価格上昇続くADA「2ドル台」に到達

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格は2021年5月15日午前8時頃に、過去最高値をさらに更新して2ドル(約218円)のラインに到達しました。その後は一時的に1.96ドル(約214円)まで下落したものの、現在は再び回復しており、記事執筆時点では「1ADA=2.07ドル(約226円)」で推移しています。

2021年5月14日〜2021年5月15日 ADA/USDTの5分足チャート(画像:BINANCE)2021年5月14日〜2021年5月15日 ADA/USDTの5分足チャート(画像:BINANCE)

主要仮想通貨の多くでは今月11日と13日の価格急落後も下落・停滞の状態が続いていますが、ADA価格は下落後もすぐに回復したため、主要な仮想通貨の中でも特に高い価格上昇率を記録しており、過去7日間の価格上昇率は「26.1%」となっています。

過去7日間の価格上昇率ランキングTOP9(画像:CoinGecko)過去7日間の価格上昇率ランキングTOP9(画像:CoinGecko)

「地球環境に優しい点」などでも注目集まる

以前から複数のメディアでも報じられているように、Cardano(ADA)は複数の大規模提携によって「アフリカ地域での技術活用」に期待が高まっているほか、「ブロック生成の完全分散化」も既に実現されており、「マルチアセット機能スマートコントラクト機能の実装」などといった長い間待ち望まれていた大型アップデートも順調に進んでいるため、これら複数の要因がADA価格を押し上げる要因になっていると考えられます。

また、最近ではビットコイン決済に対応していたTesla(テスラ)社が"地球環境への悪影響"を理由に『ビットコイン決済を一時停止する』と発表し、『その他の環境に優しい仮想通貨の採用を検討している』ということも明かしていましたが、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているカルダノは環境に優しい代表的な仮想通貨・ブロックチェーンの1つであるため、高性能で地球環境にも優しいADAを高く評価意見も強まってきています。

Tesla社は『エネルギー消費量がビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討している』と説明していましたが、フォーブスの報道では『 カルダノの年間消費エネルギー量はビットコイン(115.85テラワット)の0.01%以下である6ギガワットに抑えられる』とも報告されています。

Cardano(ADA)の技術開発が進むにつれて「Cardano関連の提携発表・Cardano関連の新プロジェクト発足・ADA決済への対応報告」なども増えてきているため、今後のカルダノ関連のニュース・発表にも注目です。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

東京ハッシュ:セミナー参加+暗号資産購入で「10万円キャッシュバック」キャンペーン開催へ

東京ハッシュ:セミナー参加+暗号資産購入で「10万円キャッシュバック」キャンペーン開催へ

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

Kraken:現金5,000円が当たる「新規口座開設キャンペーン」開始

Kraken:現金5,000円が当たる「新規口座開設キャンペーン」開始

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す