カルダノ(ADA)価格「2ドル」突破|地球環境に優しい省エネ通貨としても高評価

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格は2021年5月15日に、過去最高値をさらに更新して「1ADA=2ドル(約218円)」のラインを突破しました。主要な暗号資産の多くは価格の下落・停滞が続いていますが、ADA価格は順調に上昇し続けており、最近では『高性能で地球環境にも優しいブロックチェーン技術』という点でも評価されています。

こちらから読む:世界初、"サッカー代表チームのトークン"発行へ「暗号資産」関連ニュース

価格上昇続くADA「2ドル台」に到達

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格は2021年5月15日午前8時頃に、過去最高値をさらに更新して2ドル(約218円)のラインに到達しました。その後は一時的に1.96ドル(約214円)まで下落したものの、現在は再び回復しており、記事執筆時点では「1ADA=2.07ドル(約226円)」で推移しています。

2021年5月14日〜2021年5月15日 ADA/USDTの5分足チャート(画像:BINANCE)2021年5月14日〜2021年5月15日 ADA/USDTの5分足チャート(画像:BINANCE)

主要仮想通貨の多くでは今月11日と13日の価格急落後も下落・停滞の状態が続いていますが、ADA価格は下落後もすぐに回復したため、主要な仮想通貨の中でも特に高い価格上昇率を記録しており、過去7日間の価格上昇率は「26.1%」となっています。

過去7日間の価格上昇率ランキングTOP9(画像:CoinGecko)過去7日間の価格上昇率ランキングTOP9(画像:CoinGecko)

「地球環境に優しい点」などでも注目集まる

以前から複数のメディアでも報じられているように、Cardano(ADA)は複数の大規模提携によって「アフリカ地域での技術活用」に期待が高まっているほか、「ブロック生成の完全分散化」も既に実現されており、「マルチアセット機能スマートコントラクト機能の実装」などといった長い間待ち望まれていた大型アップデートも順調に進んでいるため、これら複数の要因がADA価格を押し上げる要因になっていると考えられます。

また、最近ではビットコイン決済に対応していたTesla(テスラ)社が"地球環境への悪影響"を理由に『ビットコイン決済を一時停止する』と発表し、『その他の環境に優しい仮想通貨の採用を検討している』ということも明かしていましたが、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているカルダノは環境に優しい代表的な仮想通貨・ブロックチェーンの1つであるため、高性能で地球環境にも優しいADAを高く評価意見も強まってきています。

Tesla社は『エネルギー消費量がビットコインの1%未満に抑えられている他の仮想通貨も検討している』と説明していましたが、フォーブスの報道では『 カルダノの年間消費エネルギー量はビットコイン(115.85テラワット)の0.01%以下である6ギガワットに抑えられる』とも報告されています。

Cardano(ADA)の技術開発が進むにつれて「Cardano関連の提携発表・Cardano関連の新プロジェクト発足・ADA決済への対応報告」なども増えてきているため、今後のカルダノ関連のニュース・発表にも注目です。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

注目度の高い仮想通貨ニュース

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す