Cardano(ADA)の「ERC20コンバータ」テストネットで稼働へ|トークンを簡単に変換

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output(IOG)」は2021年5月17日に、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたERC20トークンを、わずか数クリックで簡単にカルダノブロックチェーン上に移行することができる変換ツール『ERC20コンバータ』がまもなくテストネット上でリリースされることを発表しました。

こちらから読む:コインベース、ブラウザ拡張機能公開「暗号資産」関連ニュース

ERC20トークンを数クリックで「カルダノ基盤」に

Input Output(IOG)は2021年5月17日に、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたERC20トークンを簡単にカルダノブロックチェーン上に移行することができる変換ツール「ERC20コンバータ」がまもなくテストネット上でリリースされることを発表しました。

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上では様々なトークンが発行・取引されているため、ネットワークが混雑して送金遅延や取引手数料高騰などの問題が発生していましたが、カルダノブロックチェーンを用いてトークンを発行すれば、送金速度・取引手数料・セキュリティ・コスト・相互運用性などの面でメリットがもたらされると期待されています。

ERC20コンバータを使用すると、数回クリックするだけで「イーサリアム基盤のトークン」を「カルダノ基盤のトークン」へと移行させることができるとのことで、変換された「カルダノ基盤のトークン」は元のトークンと同じ価値・機能を持ち、必要であればカルダノ版のトークンをバーン(廃棄)して元のトークンへと戻すことも可能だとされています。

SingularityNETの「AGIXトークン」も準備

IOGは「ERC20コンバータ」のテスト開始に向けた取り組みがすでに進められていることも報告しており、人工知能(AI)サービスを誰もが作成・共有することができる世界初の分散型AIネットワーク「SingularityNET(シンギュラリティネット)」の"AGIトークン(カルダノ版はAGIXトークン)"がカルダノブロックチェーンに移行される最初のERC20トークンになることを報告しています。

Cardanoブロックチェーンではすでにカルダノ基盤トークンの発行が可能となっているため、現在は160,000以上のトークンが発行されていると報告されていますが、「ERC20コンバータ」のテストが完了して正式に利用可能になれば、イーサリアムブロックチェーン上で発行されている様々なトークンがカルダノブロックチェーンに移行される可能性があるため、Cardanoブロックチェーンの活用が本格化し、ネットワーク・コミュニティ・開発活動・技術活用がさらに活発化すると期待されています。

>>「Input Output」の公式発表はこちら
>>「SingularityNET」の公式サイトはこちら

2021年5月19日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先日16日に266円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年5月19日時点では「1ADA=204.97円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年4月19日〜2021年5月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年4月19日〜2021年5月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

Chiliz&Socios:ブラジル初「Atlético Mineiro」の$GALOファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジル初「Atlético Mineiro」の$GALOファントークン発行へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

米ワイン醸造所「Cardano Estates」ADA決済に対応

米ワイン醸造所「Cardano Estates」ADA決済に対応

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す