米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

by BITTIMES

『社会はなぜ左と右にわかれるのか』などの著者として知られる米国の著名社会心理学者Jonathan Haidt(ジョナサン・ハイト)氏は2021年5月16日のツイートで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏のファンであること」や「Cardanoコミュニティのメンバーであること」明かしました。

こちらから読む:米ワイン醸造所、ADA決済に対応「Cardano/ADA」関連ニュース

「ホスキンソン氏のファン+コミュニティメンバー」

米国の著名社会心理学者Jonathan Haidt(ジョナサン・ハイト)氏は2021年5月16日に、Cardano(ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏からの『フォローありがとうございます』というツイートに返信する形で『私はホスキンソン氏のファンであり、カルダノコミュニティのメンバーでもある』と語りました。

【Charles Hoskinson氏】
フォローありがとうございます。あなたのファンです。

【Jonathan Haidt氏】
私もあなたのファンです。そしてGeoffrey Miller氏の紹介でインスパイアされたカルダノコミュニティのメンバーでもあります。

Jonathan Haidt(ジョナサン・ハイト)氏は、アメリカバージニア州の州立大学「バージニア大学」で心理学部教授を務めている社会心理学者であり、左派と右派の対立が激化する構図をわかりやすく解説した全米ベストセラー『社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学』の著者としても知られています。

Cardano(ADA)はこれまでにも様々な著名人にも支持されており、今年2月には世界的に有名なアメリカのハードロックバンド「KISS(キッス)」のベーシスト・ヴォーカリストであるGene Simmons(ジーン・シモンズ)氏が『3,000万ドル相当のADAを購入した』と発表したことなども注目を集めていましたが、ジョナサン・ハイト氏は政治的・道徳的心理学で最も引用されている有名な学者の1人であるため、今回のツイートは『Cardanoが著名学者にも認められるプロジェクトであることを示している』として注目されています。

なお、Cardanoプロジェクトチームは数年前から大学への支援なども積極的に行なっており、昨年2月には「IOG(カルダノ開発企業)がワイオミング大学に50万ドル相当の寄付を行なったこと」が報告されているほか、先月末には「スイス・チューリッヒ大学のサマースクールでCardano関連の授業が追加され、カルダノ財団のCEOがゲストスピーカーとして参加すること」なども報告されています。

2021年5月17日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先日16日に265円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2021年5月17日時点では「1ADA=236.90円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年4月17日〜2021年5月17日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年4月17日〜2021年5月17日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

MicroStrategy「ビットコイン10億円相当」を追加購入|下落後も強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン10億円相当」を追加購入|下落後も強気姿勢を維持

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

カルダノ(ADA)価格「2ドル」突破|地球環境に優しい省エネ通貨としても高評価

カルダノ(ADA)価格「2ドル」突破|地球環境に優しい省エネ通貨としても高評価

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」100枚限定販売へ

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

NFT管理ウォレットを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」提供開始:double jump.tokyo

NFT管理ウォレットを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」提供開始:double jump.tokyo

ビットコイン価格「今後半年で5倍になっても不思議ではない」著名アナリストPlanB氏

ビットコイン価格「今後半年で5倍になっても不思議ではない」著名アナリストPlanB氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す