ジンバブエの大手銀行「仮想通貨などのデジタル技術活用方法」を検討

by BITTIMES

ジンバブエの大手銀行である「CBZ Holdings」が、暗号資産(仮想通貨)などのデジタル技術を活用する方法を検討していることが現地メディア「The Herald」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Bybit、中国ユーザーのアカウント停止へ「暗号資産」関連ニュース

CBZ Holdings「暗号資産などの技術活用」を検討

ジンバブエ最大の金融機関の1つである「CBZ Holdings」は、暗号資産やその他のデジタルイノベーションを活用する方法について検討していると報じられています。

現地メディアである「The Herald」の報道によると、CBZ Holdingsの会長であるMarc Holtzman氏はインタビューに応じた際に『暗号資産などの技術は将来の新たな機会を切り開く可能性があるため、CBZはこれらの新しいイノベーションをオープンな気持ちで受け入れている』と語ったと報じられています。

Marc Holtzman氏は『仮想通貨やブロックチェーンなどの技術はすでに特定の分野で実際に役立てられているため、これらのイノベーションはビジネスや顧客サービスを強化して、新しい機会を開く可能性を秘めている』と述べており、具体的には「モバイルマネー」や「モバイルウォレット」などの分野でフィンテック企業と協力して、てオープンイノベーション戦略に向けた取り組みを行なっていると説明しています。

仮想通貨・ブロックチェーン・フィンテック・テックフィン・ビッグテックなどは全てエキサイティングなイノベーションであり、進化し続ける顧客のニーズや要望に応えるために特定の分野ですでに役立てられています。私たちは『これらのイノベーションはビジネスや顧客サービスを強化し、新しい機会を開く可能性を秘めている』と考えています。

このような機会は、同じフィンテック企業とのコラボレーションや協力を通じて探究することができるため「モバイルマネー」や「モバイルウォレット」などの分野でこれらのフィンテック企業と協力し、それらの協力を通じてオープンイノベーション戦略に向けた取り組みを行なっています。

同氏は「これらのイノベーションにはリスクが伴う」ということを認めているものの、そのようなリスクについては『幸いなことにジンバブエではジンバブエ準備銀行がこれらのイノベーションと高度なテクノロジーを銀行が活用するのを支援する"フィンテック規制サンドボックス"をすでに公開しているため、この規制サンドボックス制度によって、ソリューションを広い市場に投入する前に事前テスト・潜在的なリスクの検出・リスク軽減策の作成などを行うことができる』と説明しています。

ジンバブエの中央銀行である「ジンバブエ準備銀行」は今年2月に公開した金融政策声明の中で『フィンテック規制サンドボックス制度が2021年3月1日に開始されること』を明らかにしています。しかし、この時点でジンバブエ準備銀行は『暗号資産はサンドボックス制度から除外される』と述べているため、「CBZ Holdings」がどのような形で仮想通貨やブロックチェーン技術を活用するのかについては注目が集まっています。

>>「The Herald」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

The Sandbox「ALPHA SEASON 2」3月3日公開へ|MacOS対応&全ユーザーに解放

The Sandbox「ALPHA SEASON 2」3月3日公開へ|MacOS対応&全ユーザーに解放

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

注目度の高い仮想通貨ニュース

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す