Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

by BITTIMES

米国の大手銀行である「Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)」が、ブロックチェーン企業「Paxos(パクソス)」が提供している株式取引ネットワーク「Paxos Settlement Service」に参加したことが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。このネットワークに参加することによって、これまで約2日ほどかかっていた決済期間を数分に短縮することができると伝えられています。

こちらから読む:コインベスト、Android向け取引アプリ公開「暗号資産」関連ニュース

バンカメ「Paxos Settlement Service」に参加

米国の大手銀行である「Bank of America(バンク・オブ・アメリカ/バンカメ)」が、ブロックチェーン企業「Paxos(パクソス)」が提供しているブロックチェーン技術を活用した株式取引ネットワーク「Paxos Settlement Service(パクソス・セトルメント・サービス)」に参加したことが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

記事執筆時点では両社からの公式発表は行われていないものの、Paxosは複数メディアが報じた内容をTwitterでリツイートしているため、これらの報道内容は事実であるとみられています。

「Paxos Settlement Service」は許可型ブロックチェーンを活用した株式取引ネットワークであり、既存の市場参加者が二者間で直接取引を決済できる他、これまで数日かかっていた株式取引を即日決済できるなどの利点を備えています。

株式取引の決済期間を大幅短縮

報道によると、バンク・オブ・アメリカも参加している世界最大級の証券保管振替機関「DTCC(Depository Trust & Clearing Corporation)」の決済期間は約2日となっているものの、「Paxos Settlement Service」では一部の株式取引を数分で決済することができるため、今後はDTCCが牛耳ってきた株式市場の決済システムをPaxosが代替することになる可能性があるとして注目が集まっています。

この点について、PaxosのCEOであるChad Cascarilla(チャド・カスカリラ)氏は『DTCCのシステムでは、1日に取引される全銘柄の75%が決済されないことになる』と述べており、バンク・オブ・アメリカの資金調達・決済担当責任者であるKevin McCarthy(ケビン・マッカーシー)氏は『Paxosのネットワークを使用すれば、決済サイクルの約定日と決済日を同じにすることができるため、オーバーナイトで計上していた担保が不要になり、コストの削減にもつながるり、長年の課題となっていた総資産利益率も改善される』と説明しています。

ケビン・マッカーシー氏によると、バンク・オブ・アメリカは数ヶ月間前から内部取引を実施しているとのことで、決済機関として認められれば顧客にもサービスを提供する予定だと報告されています。

なお「Paxos Settlement Service」には、スイス・チューリッヒの金融サービス企業である「Credit Suisse」や、野村ホールディングスのトレーディング部門である「インスティネット」などがすでに参加しており、先月は『株式取引から決済までを同日に行うことに成功した』ということも発表されています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Flare Network「グローバルeスポーツ連盟(GEF)」と提携

Flare Network「グローバルeスポーツ連盟(GEF)」と提携

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

ネットマーブルの暗号資産MBXトークン「Huobi・MEXC」上場へ

Huobi Japan:最大500円相当のHTがもらえる「サインアップキャンペーン」開始

Huobi Japan:最大500円相当のHTがもらえる「サインアップキャンペーン」開始

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

エクシア・デジタル・アセット「暗号資産c0banレンディングサービス」提供へ

エクシア・デジタル・アセット「暗号資産c0banレンディングサービス」提供へ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す