Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

by BITTIMES

モバイル決済大手「Square(スクエア)」のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年6月5日に『Square社がビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討していること』を明かしました。同氏は『もしも実際にBTC用ハードウェアウォレットを開発する場合には、完全にオープンな形でコミュニティと協力しながら開発を進めたい』とも語っており、具体的な自身の考えについて説明を行なっています。

こちらから読む:GTA6にビットコイン登場の可能性「暗号資産」関連ニュース

「完全にオープンな形で開発を進めたい」と説明

Square(スクエア)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年6月5日のツイートで『Square社がビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討していること』を明かしました。

同氏は『もしもSquareが実際にビットコイン用のハードウェアウォレットを作成する場合には、ソフトウェアからハードウェアの設計に至るまでコミュニティと協力しながら完全にオープンな形で開発に取り組みたいと考えている』と述べており、事前にこのアイデアを共有することによって、より正しい方法を開発に着手したいとの考えを語っています。

Squareはビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討しています。もし私たちがハードウェアウォレットを作成する場合には、ソフトウェアからハードウェアの設計に至るまでコミュニティと協力して完全にオープンな形で構築することになるでしょう。私たちはこの方針を共有することによって、この考えを正しい方法で開始したいと考えています。

「具体的な設計に関する考え」も共有

ドーシー氏は「ビットコインを自己管理すること」の重要性を説明しながら、「モバイル端末でより簡単にビットコインを自己管理できるようにすること」の必要性なども強調しており、"支援された形での自己管理"という方法を採用することによってビットコインの自己管理をシンプルなものにすることができると説明しています。

また、具体的に支援が必要な面としては「最小限のセットアップ時間・既存デバイスへの依存・エンドツーエンドの信頼性」などがあげられており、これらの面で優れた製品を設計する必要があると述べています。

さらに同氏は『ビットコインの成長にレイヤー2ソリューションは不可欠である』とも述べており、『人々が"ゼロから抜け出す"ことを可能にする、管理・オフチェーン・セカンドレイヤーソリューションの組み合わせが必要』だと説明しています。

ドーシー氏は、Square社が開発する決済アプリ「Cash App」とレイヤー2ソリューションを統合することは明らかだが、それはソリューションの一部に過ぎないとも述べており、『スムーズなユーザー体験を提供するためにはサービスに適したアプリも必要となるだろうが、それをSquare社が所有する必要はない。Squareが所有する必要がなく、AppleやGoogleの許可がなくても動作するアプリが広く利用されることは可能だと思っている』と語っています。

今回のツイートではSquare社がBTC用ハードウェアウォレットの開発を検討していることが明かされていますが、ドーシー氏は『他のハードウェアウォレットと競合したいとは思っていない』とも述べており、『私たちはただ、ハードウェアウォレットを次のレベルに引き上げ、自己管理型ハードウェアウォレットを持つ1億人以上の人々に提供したいと思っている』とも語っています。

なお、Jack Dorsey氏は2019年3月にビットコイン保管用のハードウェアウォレットとして「Trezor(トレザー)」の製品を購入したことを明かしており、Trezorの製品を選んだ理由について『Trezorの完全にオープンソースなインフラストラクチャに惹かれたからだ』と回答しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

カナダの高級ジュエリーブランドが「ビットコイン決済」に対応|Birks Group

カナダの高級ジュエリーブランドが「ビットコイン決済」に対応|Birks Group

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す