Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

by BITTIMES

モバイル決済大手「Square(スクエア)」のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年6月5日に『Square社がビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討していること』を明かしました。同氏は『もしも実際にBTC用ハードウェアウォレットを開発する場合には、完全にオープンな形でコミュニティと協力しながら開発を進めたい』とも語っており、具体的な自身の考えについて説明を行なっています。

こちらから読む:GTA6にビットコイン登場の可能性「暗号資産」関連ニュース

「完全にオープンな形で開発を進めたい」と説明

Square(スクエア)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は2021年6月5日のツイートで『Square社がビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討していること』を明かしました。

同氏は『もしもSquareが実際にビットコイン用のハードウェアウォレットを作成する場合には、ソフトウェアからハードウェアの設計に至るまでコミュニティと協力しながら完全にオープンな形で開発に取り組みたいと考えている』と述べており、事前にこのアイデアを共有することによって、より正しい方法を開発に着手したいとの考えを語っています。

Squareはビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討しています。もし私たちがハードウェアウォレットを作成する場合には、ソフトウェアからハードウェアの設計に至るまでコミュニティと協力して完全にオープンな形で構築することになるでしょう。私たちはこの方針を共有することによって、この考えを正しい方法で開始したいと考えています。

「具体的な設計に関する考え」も共有

ドーシー氏は「ビットコインを自己管理すること」の重要性を説明しながら、「モバイル端末でより簡単にビットコインを自己管理できるようにすること」の必要性なども強調しており、"支援された形での自己管理"という方法を採用することによってビットコインの自己管理をシンプルなものにすることができると説明しています。

また、具体的に支援が必要な面としては「最小限のセットアップ時間・既存デバイスへの依存・エンドツーエンドの信頼性」などがあげられており、これらの面で優れた製品を設計する必要があると述べています。

さらに同氏は『ビットコインの成長にレイヤー2ソリューションは不可欠である』とも述べており、『人々が"ゼロから抜け出す"ことを可能にする、管理・オフチェーン・セカンドレイヤーソリューションの組み合わせが必要』だと説明しています。

ドーシー氏は、Square社が開発する決済アプリ「Cash App」とレイヤー2ソリューションを統合することは明らかだが、それはソリューションの一部に過ぎないとも述べており、『スムーズなユーザー体験を提供するためにはサービスに適したアプリも必要となるだろうが、それをSquare社が所有する必要はない。Squareが所有する必要がなく、AppleやGoogleの許可がなくても動作するアプリが広く利用されることは可能だと思っている』と語っています。

今回のツイートではSquare社がBTC用ハードウェアウォレットの開発を検討していることが明かされていますが、ドーシー氏は『他のハードウェアウォレットと競合したいとは思っていない』とも述べており、『私たちはただ、ハードウェアウォレットを次のレベルに引き上げ、自己管理型ハードウェアウォレットを持つ1億人以上の人々に提供したいと思っている』とも語っています。

なお、Jack Dorsey氏は2019年3月にビットコイン保管用のハードウェアウォレットとして「Trezor(トレザー)」の製品を購入したことを明かしており、Trezorの製品を選んだ理由について『Trezorの完全にオープンソースなインフラストラクチャに惹かれたからだ』と回答しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

MMORPG「A3:Still Alive」分散型取引所(DEX)サービスの提供開始日が決定

MMORPG「A3:Still Alive」分散型取引所(DEX)サービスの提供開始日が決定

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す