SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

by BITTIMES

SMBC日興証券・SBI証券・野村證券・BOOSTRYの4社は2021年6月15日に、セキュリティトークン(デジタル証券)を扱うブロックチェーンコンソーシアム「ibet for Fin」の運営を開始したことを発表しました。ibet(アイベット)関連のソースコードはオープンソースソフトウェアとして公開されているため、今後は社債・証券化商品・非上場株式などといった様々な取引で「ibet for Finネットワーク」が利用されていくと期待されています。

こちらから読む:Perfume初のNFTアート作品リリース「国内ニュース」

ブロックチェーン用いた金融取引を容易に

SMBC日興証券・SBI証券・野村證券・BOOSTRYの4社は2021年6月15日に、セキュリティトークン(デジタル証券)を扱うブロックチェーンコンソーシアム「ibet for Fin」の運営を開始したことを発表しました。

「ibet for Fin」はSMBC日興証券・SBI証券・野村證券・BOOSTRYの4社によって2021年4月1日に設立されたブロックチェーンコンソーシアムであり、セキュリティトークンを取り扱うためのブロックチェーンネットワーク「ibet for Finネットワーク」を運営する役割を担っています。

「ibet for Finネットワーク」は、コンソーシアム参加企業が共同で運営を行うコンソーシアム型のブロックチェーンネットワークであり、同ネットワークで発行されるトークンや取引手段はネットワーク内で標準化されている他、参加者は一定のルールに従ってブロックチェーン上のスマートコントラクトやデータを組み合わせて活用することができると説明されています。

ibet for Finネットワークのイメージ図(画像:ibet for Fin)ibet for Finネットワークのイメージ図(画像:ibet for Fin)

ibet for Finネットワークの基本システムやその上で稼働する標準機能群は「株式会社BOOSTRY」が開発を行なっており、それらのソースコードは「GitHub(ギットハブ)」でオープンソースソフトウェアとして公開されているため、異なる金融グループがソフトウェアを自由に改良して再配布を行うことが可能となり、また各社が独自開発した仕組みを追加することもできるとされています。

国内金融機関がブロックチェーン基盤を利用した金融取引を容易に実施できる状況はまだ実現に至っていなかったものの、「ibet for Finネットワーク」はこのような仕組みを採用しているため、今後は社債・証券化商品・非上場株式などといった様々な取引で「ibet for Finネットワーク」が利用されていくと期待されています。

「ibet for Finコンソーシアム」は『今後も引き続き参加する金融機関等を募り、分散型金融の基盤として発展を目指していく』とコメントしています。

【ibet(アイベット)について】

>>「ibet(アイベット)」の公式サイトはこちら
>>「ibet for Fin」の詳細はこちら
>>「ibetネットワーク」のソースコードはこちら
>>「ibetスマートコントラクト」のソースコードはこちら
>>「ibetウォレットAPI」のソースコードはこちら
>>「ibet発行企業用」のソースコードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す