金融庁:暗号資産取引所「BINANCE」に2度目の警告

by BITTIMES

金融庁は2021年6月25日に、大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」を運営している「Binance Holdings Limited」に対して警告を行なったことを発表しました。金融庁がBINANCEに対して警告を行うのは今回で2度目となります。

こちらから読む:コインチェック、国内初のIEO"7月1日"に開始「国内ニュース」

「無登録の暗号資産交換業者」として2度目の警告

金融庁は2021年6月25日に『無登録で暗号資産交換業を行なっている』として大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」を運営している「Binance Holdings Limited」に対して警告を行なったことを発表しました。

BIANCE(バイナンス)は2018年3月23日にも金融庁からの警告を受けていたため、金融庁からバイナンスへの警告は今回で2度目となります。なお、BINANCEは過去に「証拠金取引の利用禁止リストに日本を追加」「日本語サポートの停止」などの対応をとっていましたが、現在は再び日本語表示に対応して、証拠金取引も利用できるようになっています。

記事執筆時点では今回の警告に関するBINANCEからの公式発表は行われていませんが、金融庁からの警告を無視した場合には、資金決済法違反による刑事告発を受ける可能性もあるため、今後の対応には注目が集まっています。

なお、2018年3月に警告が行われた際にはBINANCEの所在地が『香港』とされていましたが、BINANCEは"本社を持たない分散型運営"の形でサービスを提供しているため、今回の警告文では『所在地:不明』と書かれています。

金融庁はこれまでにも複数の暗号資産関連企業に警告を発しており、今年5月には大手暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に対しても『無登録で暗号資産交換業を行った』として警告を発しています。なお、Bybitは今月25日に『無登録で"金融商品取引業"を行った』という理由でも警告を受けています。

>>「BINANCEへの警告」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説