SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

by BITTIMES

SBIホールディングスが日本国内初の暗号資産ファンドを2021年11月末までに立ち上げる可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。報道によると、この仮想通貨ファンドは「BTC・ETH・LTC・XRP・BCH」などを対象とする可能性があると伝えられています。

こちらから読む:暗号資産取次所SEBC、ADAとXYM取り扱いへ「国内ニュース」

BTC・ETH・XRPなどの仮想通貨ファンド提供を予定

SBIホールディングスは、日本国内初の暗号資産ファンドを2021年11月末までに立ち上げることを目指して準備を進めていると伝えられています。

「Bloomberg」の報道によると、SBI傘下で資産運用事業を手掛けている「モーニングスター」の代表取締役社長である朝倉智也氏がこのことを明かしたとのことで、『ある程度の投資知識を持つ富裕層を中心とした個人を対象として2021年11月を目処に募集を開始、3〜5年の運用期間で少なくとも10%以上の利回り確保を狙う』と伝えられています。

最低投資金額は100万円〜300万円程度の間で調整しているとのことで、ファンドの規模は最大で数百億円規模となる可能性もあると報じられています。ファンドの対象となる暗号資産はまだ正式には決定されていないものの、少なくとも以下5種類の仮想通貨が組み込まれる予定だとされています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

仮想通貨ファンドは価格変動などといった仮想通貨関連のリスクを理解している人々を対象として提供されるとのことで、より丁寧にリスク説明を行うために地銀との共同店舗などを持つSBIマネープラザを通じた"対面販売"に力を入れる他、オンライン専業の「SBI証券」でも販売が行われる予定だとされています。

また、毎月決まった金額を購入することによって時間を分散させる「積立投資」のような投資手法を顧客のニーズに合わせて提案するとも報告されており、第1号ファンドで信頼できる運用実績が得られ、顧客や当局の理解が進んだ場合には2号ファンド・3号ファンド・より多くの投資家に販売できる投資信託設定などにも広げていくことが計画されている他、スイスカナダなどといった暗号資産ビジネスが広く認められている国で現地の運用会社と提携して上場投資信託の設定などを検討する考えも示したと報じられています。

朝倉氏は「暗号資産の値動きは株式や債券など伝統的な資産との相関関係が薄いため、リスクヘッジとして投資の選択肢になり得る」と指摘しているとのことで『投機ではなく、顧客の資産ポートフォリオの中でハイリスク・ハイリターンの部分を担う商品の一つとして位置付けてほしい』と語ったと報じられています。

>>「Bloomberg(英語)」の報道はこちら
>>「Bloomberg(日本語)」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

Zaif:マーブレックス(MARBLEX/MBX)取扱いへ【国内初上場】

Zaif:マーブレックス(MARBLEX/MBX)取扱いへ【国内初上場】

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す