LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

by BITTIMES

LINEは2021年9月17日に、LINEのデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で提供されているNFTマーケットプレイス「NFTマーケットβ」のサービスで、IPホルダーやクリエイターが発行したNFTアイテムにコンテンツ料を設定して永続的に収入の一部を受け取ることができる『二次流通機能』を実装したことを発表しました。

こちらから読む:SBI VCトレード、LINK・DOT取扱い開始「国内ニュース」

NFT発行者に収益の一部を永続還元

LINEは2021年9月17日に、LINEのデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で提供されているNFTマーケットプレイス「NFTマーケットβ」のサービスで、IPホルダーやクリエイターが発行したNFTアイテムにコンテンツ料を設定して永続的に収入の一部を受け取ることができる『二次流通機能』を実装したことを発表しました。

同社はブロックチェーンサービス開発プラットフォームである「LINE Blockchain Developers」を通じて、開発者が簡単にNFTアイテムなどを発行できる環境を提供していましたが、今回の新機能が追加されたことによって、IPホルダーやクリエイターは自分が発行したNFTが「NFTマーケットβ」でユーザー間売買される度に収益の一部を永続的に受けることができるようになります。

また、今回の発表では「NFTマーケットの出品アイテムをサービスごとにまとめて見ることができる機能を追加したこと」も報告されており、『今後もユーザビリティの高いUI/UXの提供を目指して改善を行っていく』と説明されています。

なお「NFTマーケット」の正式版については、より機能を充実させた形で2021年内に提供を開始する予定だと説明されています。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

コインチェック:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Binance US「年利6%のイーサリアムステーキング」を発表

Binance US「年利6%のイーサリアムステーキング」を発表

DEP・NFT活用した新作ゲーム「ロストアーカイブプラス」登場|5月下旬リリース予定

DEP・NFT活用した新作ゲーム「ロストアーカイブプラス」登場|5月下旬リリース予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説