NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

by BITTIMES

ブロックチェーンゲームNFTサービスの開発を行なっている「CryptoGames株式会社」は2021年8月26日に、同社が運営しているNFTマーケットプレイス「NFTStudio」にLINE Blockchainプラットフォームを採用し、一次流通を担うNFT発行サービスを開始したことを発表しました。

こちらから読む:PLTウォレット(iOS・Andoird版)正式リリース「国内ニュース」

NFTStudioにLINE Blockchainプラットフォームを採用

CryptoGames株式会社は2021年8月26日に、同社が運営しているNFTマーケットプレイス「NFTStudio」にLINE Blockchainプラットフォームを採用し、一次流通を担うNFT発行サービスを開始したことを発表しました。

「NFT Studio」はイラストレーターやクリエイターが自分の作品を"NFT"としてブロックチェーン上で発行できるNFTプラットフォームであり、今年7月にはNFT作品をユーザー同士で売買した際に報酬の一部がNFTクリエイターへと還元される"二次流通機能"も実装、最近では「各IP・企業の特設ページの開設」「クレジットカードによるオークション機能」の提供も開始されています。

2021年3月にリリースされた「NFT Studio」は、その後5月に個人クリエイター・イラストレーターの会員数が1,000人を突破したことが報告されていましたが、今回は"より多くのユーザーに利用されるNFTマーケットプレイスになること"を目指して「LINE Blockchainプラットフォーム」を採用したと説明されています。

LINE Blockchain採用のメリット・特徴

「LINE Blockchainプラットフォームを採用するメリット」や「LINE Blockchainプラットフォームを採用したNFTStudioの特徴」については以下のように説明されています。

LINEからのログインが可能

仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」を持っていない方でもLINEアカウントでログイン可能。事前にウォレットを作成する手続きが不要であるため誰もが気軽にNFT市場に参加することができる。

LINE BITMAX Walletへのシームレスな連携

LINEアカウントがあれば、LINE上でかんたんにLINE BITMAX Walletのアカウント開設やNFTの管理ができる。LINE BITMAX WalletからNFTを送ることもでき、利便性の高いサービス提供を実現できる。

クレジットカード決済で簡単にNFT購入が可能

クレジットカード決済を導入することによって「安全かつ安心な購入体験」をサポート。暗号資産を事前に準備することなく、NFTを即時決済することができるため、ECサイトでのショッピングと変わらない購入体験を実現している。

CryptoGames株式会社は『クレジットカード決済に対応したNFTマーケットプレイス"NFTStudio"が、LINE Blockchainプラットフォームを採用することで、より利便性の高い一次流通市場のあり方を提示することができると考えている』とコメントしています。

>>「CryptoGames」の公式発表はこちら
>>「NFTStudio」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

Fidelity×BlockFi「ビットコイン担保の現金融資サービス」提供へ

Fidelity×BlockFi「ビットコイン担保の現金融資サービス」提供へ

死亡した仮想通貨を確認できるサイト「Dead Coins」をリニューアル:99Bitcoins

死亡した仮想通貨を確認できるサイト「Dead Coins」をリニューアル:99Bitcoins

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す