EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」は2021年9月29日に、カルダノの技術を活用したソリューション開発に取り組む初期段階のスタートアップ企業や成長段階の企業を支援することを目的として、1億ドル(約110億円)規模のエコシステム投資ファンドを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

「EMURGO Africa」と「EMURGO Ventures」を設立

EMURGO(エマーゴ)は2021年9月29日に、カルダノの技術を活用したソリューション開発に取り組む初期段階のスタートアップ企業や成長段階の企業を支援することを目的として、1億ドル(約110億円)規模のエコシステム投資ファンドを立ち上げたことを発表しました。

新たに立ち上げられた投資ファンドは「EMURGO.Ptd」の完全子会社である「EMURGO Africa」と「EMURGO Ventures」という2つの事業体に分けられており、各社は以下のような取り組みを行なっていくと説明されています。

【EMURGO Africa】
社会的影響力のあるカルダノ関連ソリューションを提供するために、アフリカ地域でのシードファンディングやインキュベーションを通じて300社以上のスタートアップ企業を支援し、Cardanoブロックチェーンが「アフリカ地域の技術プラットフォームの標準」として採用されることを目指す。

【EMURGO Ventures】
先進国市場でカルダノブロックチェーンを用いたソリューションやサービスの構築を促進するために、分散型金融(DeFi)NFTプロジェクト分散型アプリケーション(DApps)、ブロックチェーン開発者教育ツールの開発企業など、カルダノに特化した様々なスタートアップやミドルウェア・ソリューション企業へのシード投資を行う。

複数の提携・投資計画も発表

今回の発表では「EMURGO Africa」がアフリカ地域でのカルダノエコシステム拡大に向けて、アフリカ大陸でカルダノ関連スタートアップの支援を行う「Adanian Labs」、ブロックチェーン業界をリードするアクセラレーター「Everest Ventures」、アフリカでカルダノに特化した共同アクセラレータープログラムを展開している「Adaverse」と提携することも発表されています。

また「EMURGO Ventures」は、Cardanoと他のレイヤー1ブロックチェーンプロトコルを橋渡しするdcSparkのサイドチェーンプロジェクト「Milkomeda」への投資を行うとのことで、Milkomedaは「ラップドエイダ(wrapped ADA/wADA)」を資産として活用する予定だと報告されています。

「EMURGO」のCEOである児玉健氏と、「IOHK」のCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

【EMURGO:児玉健氏】
EMURGOは、ブロックチェーンの認知度が高まっているグローバルコミュニティに向けて、分散型サービスを豊富に提供するカルダノのエコシステムの開発を加速させることに、これまで以上に注力しています。EMURGOは、パートナー企業が迅速にスケールアップし、Cardanoに新しいソリューションを提供するために必要な資本と戦略的リソースを提供することで、この需要に応えることに専念しています。

【IOHK:チャールズ・ホスキンソン氏】
EMURGOの投資は、創造的で多様なコミュニティ、成長中のスマートコントラクト機能、Cardanoの証明された安全な技術を活用した社会的・金融的サービスを提供する世界中のパートナーシップを備えた成熟したネットワークである、Cardanoエコシステムの未来を形成するのに役立ちます。

カルダノは今月13日にカルダノのメインネットにスマートコントラクト機能をもたらす大型アップグレードを実施したため、今後はカルダノ関連のDApps・DeFiサービスなどが幅広く展開されていくことになると期待されていますが、今回新たに大規模な投資ファンドが立ち上げられたことによって、それらのアプリ・サービス開発の勢いがさらに加速すると期待されています。

なお、シード投資やパートナーシップに興味のある企業やプロジェクトは、以下の「EMURGO Africa」と「EMURGO Ventures」の公式サイトから連絡を取ることができるとのことです。

>>「EMURGO」の公式発表はこちら
>>「EMURGO Africa」の公式サイトはこちら
>>「EMURGO Ventures」の公式サイトはこちら

2021年9月29日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月2日に337円付近まで上昇したものの、その後は下落傾向が続いており、2021年9月29日時点では「1ADA=236.71円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年7月1日〜2021年9月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年7月1日〜2021年9月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Bybitカード「Apple Pay」で利用可能に|仮想通貨購入時の支払い手段も拡充

Bybitカード「Apple Pay」で利用可能に|仮想通貨購入時の支払い手段も拡充

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説