MyEtherWalletのハッキング被害への対策と対処法

by BITTIMES

MyEtherWalletで発生したDNSサーバーのハッキング被害に対する、対策や対処法を紹介します。

MyEtherWalletでハッキング被害

イーサリアム(ETH)やその他の様々なERC20トークンを保管することができるウェブウォレット「MyEtherWallet(MEW)」で、DNSサーバーのハッキング被害が出ていることが明らかになりました。

現時点では、少なくとも216.06ETH(約1630万円)の被害が確認されています。

今後の被害増加の可能性

今回の被害は、MyEtherWalletの問題ではなく、GoogleのDNSプロトコルによる欠陥である可能性が指摘されており、MEWだけでなく大手銀行などの様々な機関でも起こり得る可能性もあるとのことです。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)でも「GoogleDNS」や「Amazon Route 53」に関連した同じような問題が発生していることから、MEWのセキュリティ上の欠陥ではなく公共のDNSサーバーの脆弱性を狙った犯行であると予測されています。

ハッキング被害のための対策

被害に受けたユーザーの多くが、MEWの偽サイトにアクセスした際に表示される「SSL警告」を無視して接続を試みていることがわかっています。

このことからも、まずは基本的な対策として、MEWを使用する前には必ず『MyEtherWallet Inc』と表記された緑のSSL証明が施されていることを注意深く確認する必要があります。

MEWは『MyEtherWallet』のサービスの名を使用して「ETHを配布するというツイート」や「redditの投稿、メッセージ」などを無視することを推奨しています。

MyEtherWalletをオフライン及びローカルで実行する方法

MyEtherWalletの使用に関しては、オフラインでの使用が推奨されています。

MyEtherWalletをローカル(オフライン)で使用するための方法は次の通りです。

ダウンロードとインストール

ローカルのMyEtherWalletをセットアップするには、次のリンクからMyEtherWalletの最新版をダウンロードしてください。
>>https://github.com/

running-myetherwallet-locally-01

『etherwallet-vX.X.X.X.zip』をクリックすると、ファイルがダウンロードされます。このファイルをUSBスティックなどに移動して、オフラインコンピュータに移動します。

running-myetherwallet-locally-02

オフラインコンピュータにUSBスティックを差し込み、アーカイブ内のすべてのファイルをコンピュータに抽出します。
これで、次のファイルを含むフォルダが作成されます。

MyEtherWalletの実行

MyEtherWalletを開くには、『index.html』ファイルをダブルクリックします。
これによりブラウザが開きます。ネットワークに接続できないという警告が表示されますが、これは完全に正常です。
ローカルのMyEtherWalletでEtherやトークンの残高を確認することはできませんが、EtherscanまたはEthplorerを使用して残高を確認することはできます。

running-myetherwallet-locally-03

MyEtherWalletのローカルバージョンを定期的に更新することをお勧めします。MyEtherWalletは常にWebサイトを更新しています。

(引用:myetherwallet.github.io

MyCrypoからの対処法

今回の事件を受けたMEWの姉妹サイトである「Mycrypto」は、事件発生の4時間以内にMEWにアクセスしたユーザー向けに、対処法をまとめた内容を発表しています。

発表された対処法は次のような内容となっています。

秘密鍵/keystoreファイル/mnemonic phraseを使用してアクセスした場合

etherscan.io で自分のアドレスを確認し、ハッキングの被害を受けていないかチェックする

被害を受けていなくても、資金を他のウォレットに移動する。”送金作業を行う際には、絶対にサイト上では行わないこと”

MetaMask、Ledger Nano S、Trezorを介してアクセスした場合

ハードウェアウォレットに関して考えられるトラブルは、特定の時間内に送金された資金が他の受取先に渡ってしまうことです。現時点では被害は確認されていません。

この選択肢では、取引の署名や、アカウントのアクセスの際に、秘密鍵が晒されていないため、アカウント自体は比較的安全であると言えます。

原因が解明され、詳細が明らかになるまで、MEWのウェブサイトを使用することは控えましょう。

秘密鍵、keystoreファイルを使用してアクセスしていない場合

MEWチームによって、この問題が解決されるまでMEWのウェブサイトにアクセスしないでください。
好奇心はあなたの首を締めることになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

ブラジルをブロックチェーン社会へ|仮想通貨の合法化を約束する大統領候補者

ブラジルをブロックチェーン社会へ|仮想通貨の合法化を約束する大統領候補者

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

タイ銀行:仮想通貨投資やトークン発行を条件付きで許可

タイ銀行:仮想通貨投資やトークン発行を条件付きで許可

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

仮想通貨の一般普及は5〜6年後|ウォール街の重鎮Michael Novogratz

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す