Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

by BITTIMES   

GMOインターネットグループは2021年10月29日に、NFTマーケットプレイスである「Adam byGMO」でお笑い芸人・スギちゃんのNFTトレーディングカード計3,155種類を販売することを発表しました。Adam byGMOでお笑い芸人のNFTカードが発売されるのは今回が初であると報告されています。

スギちゃんのNFTトレーディングカード発売へ

GMOインターネットグループは2021年10月29日に、NFTマーケットプレイスである「Adam byGMO」で、日本時間2021年11月1日12時00分から「お笑い芸人・スギちゃんのNFTトレーディングカード計3,155種類」を販売することを発表しました。

「Adam byGMO」でお笑い芸人のNFTトレーディングカードが発売されるのは今回が初であるとのことで、今回発売されるスギちゃんのNFTトレーディングカードには3,155枚全てにシリアルナンバーが付けられていると説明されています。

記念すべき1枚目のNFTカードであるシリアルナンバー「No.00001」のアイテムはオークション形式で発売されるとのことですが、その他のアイテムは1枚あたり1,000円で定価販売されるとのことです。

オークション販売される「No.00001」のカード(画像:GMOインターネット)オークション販売される「No.00001」のカード(画像:GMOインターネット)

定価販売されるカードの一例(画像:GMOインターネット)定価販売されるカードの一例(画像:GMOインターネット)

「Adam byGMO」のサービスについて

「Adam byGMO」では、NFT売買で一般的に利用されているイーサリアム(ETH)での決済に加えて、「クレジットカード」や「銀行振込」による決済もできるようになっているため、仮想通貨に詳しくない初心者の方でも気軽に利用することができるようになっています。

また「Adam byGMO」で購入されたNFTコンテンツは「Adam byGMO」内で二次販売を行うこともできるようになっており、二次販売で発生した売り上げの一部はNFTコンテンツの作者であるクリエイターにロイヤリティとして還元される仕組みが採用されています。

さらに「Adam byGMO」では、Adam byGMOで購入したNFTコンテンツの保有者のみが視聴できる画像・音楽・動画形式の「保有者限定コンテンツ」などといった購入者限定の嬉しいコンテンツなども提供されています。

GMOインターネットは今回の発表の中で『今後もより多くの方にご利用いただき、コンテンツ流通をさらに活性化するために、英語・中国語(簡体字)対応をはじめとした機能拡充を予定している』と説明しています。

>>「Adam byGMO」の公式サイトはこちら
>>「ワイルドスギちゃんストア」はこちら
>>「GMOインターネット」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

節税に役立つ「不良資産化したNFTの買取サービス」開始:マネックスクリプトバンク

節税に役立つ「不良資産化したNFTの買取サービス」開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す