クリプタクト「DeFi取引の損益計算」に自動対応するサービス提供へ

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の自動損益計算サービスを提供している「クリプタクト(Cryptact)」は2021年11月1日に、分散型金融(DeFi)取引の損益計算に自動対応するサービスを2021年12月15日から新たに開始する予定であることを発表しました。

こちらから読む:米Kraken、近日中にSHIB上場か「暗号資産」関連ニュース

DeFi取引の損益計算に自動対応

暗号資産(仮想通貨)の自動損益計算サービスを提供している「クリプタクト(Cryptact)」は2021年11月1日に、分散型金融(DeFi)取引の損益計算に自動対応するサービスを2021年12月15日から新たに開始する予定であることを発表しました。

Cryptact(クリプタクト)とは、仮想通貨の確定申告に必要な計算を短時間で簡単に操作できるツールなどを提供している東京都の企業であり、「50社を超える世界中の暗号資産取引所」や「約8,600種類の暗号資産」に対応しているだけでなく、「現物取引・証拠金取引・商品購入・貸付・ハードフォークマイニングエアドロップ・ネットワークフィー」などといった、仮想通貨特有の取引形態にも対応したアセットマネジメントツールを提供しています。

今回発表された「DeFi(分散型金融)」への対応は、DeFi取引が国内でも急速に増加していることを受けてのものだとされており、高まるマーケットの需要に対応して事業を拡大し、複雑なDeFi取引の損益計算を簡略化するためにDeFi取引の損益計算に自動対応するサービスを提供することを決定したと説明されています。

DeFi連携システムの概要について

クリプトタクトのユーザーは取引を行ったブロックチェーンを画面から選択して自身のウォレットアドレスを登録するだけでDeFi連携システムを利用することができるとのことで、この作業を行うとシステムがウォレットアドレスに紐づくトランザクションを解析して関連するスマートコントラクトを特定することによって、入出金履歴がどういった取引を背景に行われたかを自動で判別して取引履歴画面に表示すると説明されています。また、判別できない取引があった場合には「ユーザーが取引種類を上書きすること」もできるとのことです。

(画像:クリプタクト)(画像:クリプタクト)

サービス開始時点での「対応ブロックチェーン・対応取引種類」については以下のように報告されていますが、『今後は網羅性を高めるために、クリプタクトのユーザーの多くが利用しているブロックチェーン、スマートコントラクトから順次対応を拡大していく予定』とも説明されています。

【対応ブロックチェーン】
DeFiで主に利用される以下2種類のブロックチェーンについて、合計約130個以上のスマートコントラクトに対応。

【対応取引種類】

  • 流動性提供者(Liquidity Provider)トークン
  • ステーキング
  • レンディング
  • スワップ

>>「クリプタクト」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz Exchange】2つのサッカー関連ファントークン「$NOV・$IBFK」取扱いへ

【Chiliz Exchange】2つのサッカー関連ファントークン「$NOV・$IBFK」取扱いへ

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

住友商事×FXcoin「仮想通貨XRP用いた債権債務決済」の実証実験を実施【国内初】

ジャスミー株式会社:アジア太平洋地域でのビジネス展開に向け「NEXSTGO」と提携

ジャスミー株式会社:アジア太平洋地域でのビジネス展開に向け「NEXSTGO」と提携

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

注目度の高い仮想通貨ニュース

ASICS × Solana「限定モデルのランニングシューズ」を発売|STEPNで利用可能なNFTも

ASICS × Solana「限定モデルのランニングシューズ」を発売|STEPNで利用可能なNFTも

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す