暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)の取引・使用・売買などを行なっている方が知っておくべき税金・確定申告の基本的な知識をわかりやすく説明します。

この記事では「仮想通貨の売買で利益がでた場合・仮想通貨の売買で損失がでた場合・仮想通貨を翌年まで持ち越した場合」の税金・確定申告に関する内容を解説しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

CoinTaxの画像 損益計算について無料相談「CoinTax」はこちら

仮想通貨の取引で利益がでた場合

会社員など給与による収入がある人の場合、仮想通貨取引などで得た利益(雑所得)の合計が1月1日〜12月31日の期間で「20万円」を超えた場合には、2月16日〜3月15日までの期間に確定申告を行う必要があります(主婦や学生など扶養されている方は33万円以上)。

"仮想通貨の売買で利益がでた"というのは単に「仮想通貨を日本円に交換して利益が出た」というケースだけでなく、「仮想通貨の売却・仮想通貨決済による商品の購入・他の仮想通貨との交換」などのタイミングで利益が発生した場合も対象となるため注意が必要です。

具体的な例を挙げると、以下のようなケースに該当する場合には確定申告を行う必要があることになります。

  1. 20万円で購入した1BTCを50万円で売却(利益が30万円)
  2. 20万円で購入した1BTCを30万円で売却、その後25万円で購入した1BTCを50万円で売却(利益が合計35万円)
  3. 20万円で購入した1BTCを80万円で売却、その後90万円で購入した1BTCを60万円で売却(利益が合計30万円)
  4. 20万円で購入した1BTC全てを使用して商品や他の仮想通貨を購入、購入時のBTC価格が80万円だった(利益が60万円)

このように1年間の仮想通貨取引による利益が「20万円」を超えた場合には申告を行う必要があります。③のケースでは一度「30万円の損失」が出ているものの、それ以前に「60万円の利益」が出ているため、「60万円-30万円=30万円の利益」ということになり、申告の義務が発生します。④のケースではBTCを売却してはいないものの、支払いで使用することによって「60万円の利益」を得ているため、こちらも申告の義務が発生します。

仮想通貨の取引で損失がでた場合

仮想通貨(暗号資産)の売買・取引によって損失が出た場合は、仮想通貨取引分の確定申告は不要となります。ただし、仮想通貨取引によって発生した損失の扱いについては、以下のような決まりがあるためこれらの内容も理解しておくようにしましょう。

「雑所得内での損益通算」は可能

暗号資産取引によって発生する利益は「雑所得」に分類されますが、"雑所得内での損益通算"は可能となっているため、1年間の仮想通貨取引で『A取引所で50万円の利益を得て、B取引所で40万円の損失が出た』という場合には「50万円−40万円=合計10万円の雑所得」とすることができます。

また、同じ取引所内で取引した場合であっても「1月1日〜12月31日までの利益・損失」は相殺することができるため、『XRPの価格高騰時に決済して100万円の利益を得たが、その後利益全額をXRPに再投資した後に暴落したため、120万円の損失が生まれて最終的には20万円の損失となった』という場合には、"1年間の合計で20万円の損失"となり確定申告は不要となります。

「他の所得との相殺」は不可能

ただし、暗号資産取引による損失は「他の所得」とは相殺することができないため、「給与所得・事業所得などの利益」を「仮想通貨取引による損失」で相殺することはできません。これに関しては『あくまでも雑所得内での損益通算が可能なのだ』と理解しておくことが重要です。

「暗号資産取引による損失の繰越控除」は禁止

また、暗号資産取引による損失は「繰越控除禁止」となっているため、2020年に発生した損失を2021年以降に繰り越すことはできません。上場株式の%

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

ビットポイント:ポリゴン(Polygon/MATIC)取扱いへ

ビットポイント:ポリゴン(Polygon/MATIC)取扱いへ

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ビットバンク:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す