Enjin:1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立

by BITTIMES   

エンジン(Enjin/ENJ)は2021年11月4日に、分散型メタバース(仮想空間)の構築者を支援するために1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立したことを発表しました。Enjinは今回の発表の中で、ポルカドット(Polkadot/DOT)のパラチェーンオークションのBatch1の4番目のオークション枠を狙っていることも報告しています。

1億ドル規模のファンドでメタバース構築者を支援

エンジン(Enjin/ENJ)は2021年11月4日に、分散型メタバース(仮想空間)の構築者を支援するために1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立したことを発表しました。

「Efinity Metaverse Fund」は、ポルカドット(Polkadot/DOT)で構築しているクロスチェーンのNFTネットワーク「Efinity(EFI)」のためのメタバースファンドだと説明されており、Enjinはこのファンドを通じてシードまたはシリーズAの資金調達ラウンドにおけるエクイティ投資や、Enjin/Efinityのエコシステムで使用する可能性のあるプロジェクト・ネイティブトークンの購入を促し、Enjin技術を採用する提携先やパートナー企業をサポートしていくと報告されています。

また、Enjinは2021年12月2日に始まるPolkadotのパラチェーンオークションの「Batch 1」の「Auction Slot 4」にも入札しているとのことで、このオークションで入札が成功すれば、Efinityは2021年末までにメインネットでの運用を開始するとも報告されています。

パラチェーンオークションとは、Polkadotの中心的な役割を果たす"リレーチェーン"に接続される個別のブロックチェーン「パラチェーン」を決定するためのオークションであり、オークションの落札者がスロット(貸し出し枠)を確保できるようになっています。

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」ではすでにクラウドローン形式でのオークションが開始されているため、Efinityの支援者はBINANCEを介してすぐにクラウドローンに参加することができるとのことで、『Enjinではまもなく、個人がDOT・ETH・ENJ・USDC・USDTを賭けてEFIの報酬を得ることができるようになる』とも報告されています。

また、今回の発表では『EnjinチームはEFIトークンの総供給量の最大10%をクラウドローンの報酬に割り当てているため、初期の貢献者は独占的なNFTボーナスを受け取ることができる』とも報告されています。

「Enjin」の最高法務・財務責任者であるオスカー・フランクリン・タン氏と、「Enjin」の共同創業者兼CTOであるWitek Radomski氏は、今回のファンド設立について次のようにコメントしています。

【Enjin:オスカー・フランクリン・タン氏】
Enjinでの私の役割の中で、最も充実していることの一つが、採用者の話を直接聞くことです 。彼らは、NFTゲームの初期のパイオニアであり、一人でスタジオを立ち上げ、今では翼を広げています。私たちは、私たちのチームと長年のコミュニティの知識を活用して、より体系的な方法で分散型メタバースをサポートしたいと考えています。

【Enjin:Witek Radomski氏】
Efinityは、クリエイター、ゲーマー、NFTコレクターなどのメインストリームの人々をPolkadotのエコシステムに惹きつけるでしょう。私たちは、信じられないほど強力なパラケインと私たちのシームレスなオープンソースの開発フレームワークによって、ブロックチェーンにおける現在の参入障壁(使いやすさ、コスト、スループット)を解決しました。

私たちの意図は、Enjinが世界中のメタバースへの相互運用可能な分散型ゲートウェイとなることです。私たちのグローバルコミュニティとEFIサポーターの支援を受けて、このビジョンを共有する誰もがパラチェインオークションに参加することができます。

>>「Enjin」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

モンテネグロ検察当局「Terra共同創設者の拘束期間延長」を要請

モンテネグロ検察当局「Terra共同創設者の拘束期間延長」を要請

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す